現代用語能力検定試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

現代用語能力検定について

現代用語能力検定とは、名前のとおり旅行、現代用語の能力を試すための試験で、民間資格とされております。

21世紀に問われる能力は、「現代社会」に対する知識とともに、その知識を生かす「思考力」「表現力」とのバランス感覚とそのための情報処理能力である。

現代用語能力検定試験は、年代や職種にかかわらず、誰でも自分の現代用語能力を判定できる検定試験であり、自分の教養を高めるための目標設定として最適です。

自分自身の現代用語の能力を把握していないという方がほとんどだと思いますので、まずは受験してみて自分の能力を試すというのもいいと思います。

現代用語能力検定の概要

受験資格

受験制限は特にありません。誰でも受験することができます。

試験内容

以下の3コースに分かれ、正解率によって10級から1級に認定される。

ホップコース:10〜8級:小4から中学生対象。

ステップコース:7〜5級:高校生から一般対象。

ジャンプコース:4〜1級:一般から就職試験、資格試験対策用。

10級:正解率50%以上。小4〜小6の標準レベル。

9級:正解率70%以上。中学生の標準レベル。

8級:正解率85%以上。有名中や高校入試に対応できるレベル。

7級:正解率50%以上。高校生以上社会人として標準的なレベル。

6級:正解率70%以上。高校生以上社会人としてかなり優れたレベル。

5級:正解率85%以上。高校生以上社会人として豊富な知識・理解力がある。

4級:正解率50%以上。ビジネスマン・ビジネスウーマンとして一般的知識・理解力がある。

3級:正解率70%以上。一般の就職試験、資格試験などに対応できるレベル。

2級:正解率85%以上。マスコミ・大手企業・上級資格試験に対応できるレベルです。

1級:正解率95%以上。近・現代社会的分野の知識・理解力が卓越している。

試験科目

問題の出題構成は以下のとおりです。

A分野:国際情勢
B分野:国内政治
C分野:1、社会 2、生活 3、経済
D分野:1、地球環境 2、宇宙 3、科学
E分野:1、教育 2、文化 3、歴史(考古学)
F分野:1、マスコミ 2、スポーツ 3、文化 4、流行

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

6月上旬と10月下旬の年2回。

受験料

ホップ・ステップ・ジャンプコース

各3,000円(税込)

参照:NPO現代用語検定協会

現代用語能力検定についてのコメント

現代用語能力検定について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

現代用語能力検定に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る