アロマテラピー検定は、アロマテラピーの入門的な資格

アロマテラピー検定試験について

次回の試験日は《2018年5月13日 (予想)》です。残り149日です。

アロマテラピー検定試験のイメージ画像

人の心を癒すことができるのがアロマテラピーです。

アロマテラピーはフランス語でaromathérapieと書くものを日本語の発音にしたものです。

英語ではaromatherapyと書き、アロマセラピーと発音します。

アロマテラピーもアロマセラピーも少し発音が異なります同じものを意味します。

aromaは香りを意味し、therapyは治療を意味します。

このことから分かるように香り、匂い、芳香で特に心の病を中心に様々な病気の予防や治療をする療法です。

日本語では芳香療法や香料療法と呼ばれることもあります。

アロマテラピーに関する資格や検定は、民間資格としてたくさん存在しています。

このページで紹介するのはAEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)が実施・認定しているアロマテラピー検定です。

AEAJは様々な検定・資格を実施していますが、このアロマテラピー検定はアロマテラピーに関する基礎知識が学べる最も入門的な位置付けの資格になります。

AEAJのアロマテラピー検定の合格者数は、370,721名となっており、たくさんの人が取得されている実績あるアロマテラピーの資格となっています(2017年11月6日時点)。

アロマテラピーはフランスで生まれたとされる植物療法で、主に植物のエッセンシャルオイル(精油)を用いて、香りに効用によってリラクゼーションやリフレッシュといった効果をもたらします。

医学的見地からは賛否両論ありますが、「病は気から」と言われるように心の健康が肉体の健康に大きく影響していることは間違い無いため、ストレス、精神、心の病などに一定の効果があると考えられます。

特にストレスの多い現代社会においては、心の癒しを求める人がたくさんいるため、一部の層からは非常に重宝され支持されています。

現在、アロマテラピーなどの癒しに関するビジネスが注目を集めており、これからますますストレスが増えていくであろう私たちの生活を考えると需要は増えていくでしょう。

ネイル、リフレクソロジー、などの「美」や「癒し」に関する別の資格などと合わせることでより活用することができるでしょう。

アロマテラピーを行うためには、広い場所や大きな設備が必要ないため、自宅や小さな場所で独立開業したり副業として行うこともできます。

人の「癒し」に関わる仕事に関心のある人、独立開業したい人、心の癒しに興味のある人、趣味で香りを楽しみたい人など、幅広い人に役立つ検定です。

アロマテラピー検定は、1級と2級の2レベルで実施されています。

全国のアロマスクール一覧

アロマテラピー検定試験の概要

【アロマテラピー検定試験概要】

受験資格

受験制限は、特にありません。誰でも受験することができます。

1級、2級どちらからでも受験できますし、同日に同時に両方受験することもできます。

レベル

各級のレベルは概ね以下のように設定されています。

1級
アロマテラピーを家族や周囲の人々とともに楽しみ、健康維持のために用いる知識
2級
アロマテラピーを自分で楽しみ、健康維持のために用いる知識

1級合格者は、同協会のプロフェッショナルな資格であるアロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクター、アロマセラピスト資格の取得へとつなげることができます。

試験内容

各級ともマークシート方式の筆記試験で実施されます。

1級
70問
2級
55問
試験科目

各級それぞれ以下の範囲から出題されます。

【1級】

  • 香りテスト(香りを嗅いで精油名を答える問題)
  • アロマテラピーについて
  • アロマテラピーのメカニズム
  • 精油の基礎知識
  • 精油のプロフィール(対象30種類)
  • 安全な精油の使い方
  • アロマテラピーの利用法
  • アロマテラピーと健康
  • アロマテラピーの歴史
  • アロマテラピーと地球環境
  • アロマテラピーに関係する法律など

香りテストの対象となる精油(イランイラン、フランキンセンス、オレンジ・スイート、ペパーミント、カモミール・ローマン、ベルガモット、クラリセージ、ユーカリ、グレープフルーツ、ラベンダー、ジュニパーベリー、レモン、スイートマージョラム、レモングラス、ゼラニウム、ローズマリー、ティートリー)

【2級】

  • 香りテスト(香りを嗅いで精油名を答える問題)
  • アロマテラピーについて
  • 精油の基礎知識
  • 精油のプロフィール(対象10種類)
  • 安全な精油の使い方
  • アロマテラピー利用法
  • アロマテラピーの歴史
  • アロマテラピーと地球環境など

香りテストの対象となる精油(イランイラン、ペパーミント、オレンジ・スイート、ユーカリ、ジュニパーベリー、ラベンダー、ゼラニウム、レモン、ティートリー、ローズマリー)

合格基準

各級ともに正答率80%以上で合格となります。

申込み期間

例年、申し込みは以下の期間に受付されています。

  • 11月試験:8月〜9月くらい
  • 5月試験:2月〜3月くらい
試験日

例年、以下の期日に実施されています。

年2回:5月と11月。

試験地

以下の全国34都市で実施されています。

札幌・釧路・青森・仙台・郡山・つくば・宇都宮・前橋・さいたま・千葉・東京・横浜・新潟・金沢・甲府・松本・岐阜・静岡・名古屋・四日市・京都・大阪・神戸・奈良・松江・岡山・広島・高松・松山・福岡・長崎・熊本・鹿児島・那覇

合格発表日

例年、以下の期日に合格発表があります。

  • 11月試験:12月上旬くらい
  • 5月試験:6月上旬くらい
受験料

各級それぞれ以下の受験料が必要です。

  • 1級:6,480円(税込)
  • 2級:6,480円(税込)
  • 1級と2級の併願:12,960円(税込)
問合せ先

公益社団法人日本アロマ環境協会
〒103-0028
東京都中央区八重洲一丁目5番20号
石塚八重洲ビル6階
TEL:03-3548-3403(平日 9:00-17:00)

参照:公益社団法人日本アロマ環境協会

アロマテラピー検定試験についてのコメント

アロマテラピー検定試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

アロマテラピー検定試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

1件

HN(ハンドルネーム):熊谷 | 2017年11月6日3:16:25

AEAJ日本アロマ環境協会の、アロマアドバイザー、アロマインストラクター、アロマセラピストの資格を持っています。

取得のきっかけは、自分が慢性的な便秘だったこと。
改善方法を調べる中で、アロマでリラックスする方法を知り、そこからアロマに興味を持ちました。

アロマの市民講座に参加して、こんな風に講師として活躍できたらいいなと思いました。
思い切って講師の方に質問したら、この資格のことを教えてくれました。

アロマセラピストまで取るには、専門の学校に通い、1年半~2年、費用は50万円位だったと思います。かなりかかりました。
でもこれは、通うスクールによってかなり変わってきます。

スクール毎の特徴を知り、卒業したらどの程度の事が身につくのかゴールをしっかりイメージした方が良いです。

私の場合は、ちょっと失敗しました。
スクールを卒業すれば、アロマサロンを開業できるていどの技術が身につくと思っていたら、まだまだでした。
スクール指導の施術ができる、という程度でした。(それでも、かなりの勉強量、実習を行っています)

ただ、資格はばっちり取れたので、そこからは更に技術アップを自分で目指します。

今後ボランティアや、サロン就職の際に、ある程度の信用を持って貰う目安になると考えています。

アロマテラピー検定試験おすすめのスクール

アロマテラピー検定試験に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

アロマテラピー検定試験おすすめのスクール!
福祉資格の専門学校シカトル

シカトル

介護・医療・福祉などの「癒し」専門の資格情報サイトです。シカトルからアロマテラピーの資格スクールを探すことができそのまま無料で資料請求することができます。
資料請求はこちら

ケイコとマナブ資料請求・体験レッスン

ケイコとマナブ

約80,000件の講座・レッスン情報が掲載されています。週末だけのレッスンなど、あなたにぴったりのスクールが見つかるはず。
無料の資料請求や体験レッスンはこちら

このページを見ている人はこんなページも見ています。

アロマテラピー検定試験おすすめのテキスト・問題集

アロマテラピー検定試験に合格するために役に立つおすすめのテキストや問題集を紹介しています。

  1. 1回で受かる!アロマテラピー検定1級・2級テキスト&問題集
  2. アロマテラピー検定公式テキスト1級
  3. (スマホ問題集付き)マンガで合格! アロマテラピー検定1級・2級 テキスト+模擬問題

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る