珠算能力検定(日本商工会議所)の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

資格一覧へ戻る > 公的資格一覧 > オフィス/事務資格一覧 > さ行資格一覧 > 珠算能力検定(日本商工会議所)

珠算能力検定(日本商工会議所)について

次回の試験日は《2017年8月6日 (確定)》です。残り10日です。

珠算能力検定(日本商工会議所) とは、珠算に関する能力を有するかどうかを試す試験で、公的資格ですので、信頼性が高い資格です。

IT技術の進展により影が薄くなった感じのあるソロバンですが、まだまだスピードある事務処理をするにははなくてはならないものです。

特にに経理に携わる人にとって、簿記技術とソロバン技能は基本能力といえる。また、数学的な思考力や集中力、記憶力を養うためにも有効である。

珠算能力検定(日本商工会議所)の概要

【珠算能力検定(日本商工会議所)概要】

受験資格

受験資格は特にありません。

誰でも受験することができます。

試験内容

検定は3〜1級の3種に分かれ、試験時間はみとり算、かけ算、わり算をあわせて30分の一括施行となります。

〜3級〜

1、みとり算:6桁の円名数の加算および加減算
2、かけ算:法、実あわせて7桁
3、わり算:法、商あわせて6桁

〜2級〜

1、みとり算:8桁の円名数の加算および加減算
2、かけ算:法、実あわせて9桁
3、わり算:法、商あわせて8桁

〜1級〜

1、みとり算:10桁の円名数の加算および加減算
2、かけ算:法、実あわせて11桁
3、わり算:法、商あわせて10桁

※3〜1級とも300点満点で240点以上を合格とする。

試験当日、氏名、生年月日、顔写真を確認できる身分証明書を持参。

申込み期間

例年、以下の期間に受付されています。

試験日の約2ヵ月前(各地の商工会議所により異なる)。

【申込方法】

所定の申込用紙に自筆で記入(1級受験者は半年以内撮影の上半身・正面・脱帽の写真を貼付)し、検定料を添えて、各地の商工会議所に提出する。

ただし、提出方法は各地の商工会議所によって異なるため問い合わせる。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

年3回:6月下旬、10月下旬、翌年2月中旬

受験料

3級:1,330円

2級:1,530円

1級:2,040円(各税込)

参照:商工会議所検定

珠算能力検定(日本商工会議所)についてのコメント

珠算能力検定(日本商工会議所)について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

珠算能力検定(日本商工会議所)に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

資格一覧へ戻る > 公的資格一覧 > オフィス/事務資格一覧 > さ行資格一覧 > 珠算能力検定(日本商工会議所)

ページの上に戻る