速記技能検定の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

速記技能検定について

速記技能検定とは、名前の通り、速記に関する能力を有するかどうかを試す資格試験で、公的資格とされている非常に信頼性の高い資格です。

国会・地方議会・裁判所はもちろん、学会や政党大会、会社の会議や講演・対談・座談会などで人の 話を詳細かつ正確に伝えなければならないときに、速記は非常に役立ちます。

高度な情報化社会である今日では、 大量の情報を正確に記憶することが必要であり、ジャーナリズムの分野でもたくさんの速記者が活躍しています。

速記技能検定は、これからの高度情報化社会において、ぜひ取得しておきたいスキルの一つだと思いますが、パソコンの文書作成ソフトによって必要性が低下する懸念もあります。

速記技能検定の概要

【速記技能検定概要】

受験資格

受験資格は特にありません。

誰でも受験することができます。

試験内容

主として講演形式の朗読文を速記し、それを反訳して原稿をつくりあげる。

資格は6〜1級に分かれ、試験は以下のような1速度、2反訳制限時間、3程度で行われる。

〜6級〜
1、5分間・ 400字
2、60分
3、初歩的なもの

〜5級〜
1、5分間・ 600字
2、60分
3、ノートやメモなどに速記利用が可能

〜4級〜
1、5分間・ 900字
2、60分
3、平易な口述や草稿などに速記を活用

〜3級〜
1、5分間・1,200字
2、60分
3、口述・電話などの速記ができ反訳を手伝うことが可能

〜2級〜
1、10分間・2,800字
2、130分
3、会議・座談・講演などの速記の補佐が可能

〜1級〜
1、10分間・3,200字
2、130分
3、会議・座談・講演などの単独速記が可能

※東京、京都、大阪のみ同日に2つの級【6・5級】【4・3級】の併願受験ができる。

申込み期間

例年、以下の期間に受付されています。

4月の1ヵ月間、7月の1ヵ月間、10月の1ヵ月間、12月〜翌年1月10日。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

5月の最終日曜日

8月の最終日曜日

11月の最終日曜日

翌年1月の最終日曜日

年に4回実施されています。

受験料

6級:1,200円

5級:1,500円

4級:2,000円

3級:3,000円

2級:4,000円

1級:5,000円(各税込)

参照:社団法人日本速記協会

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る