計算実務能力検定の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

計算実務能力検定について

計算実務能力検定試験とは、電卓に関する能力・スキルをどの程度有するかを試すための試験で、民間資格とされています

誰にでも簡単にすばやく、複雑な計算ができる電卓は、計算用具の必需品となっており、それを使いこなせることは、あらゆる業界で必須ということができるでしょう。

電卓を使えば、複雑な計算を簡単にできますが、それだけではなく、その計算にも速さと正確さがより求められるようになっています。

計算ができるだけではなく、速さと正確さに磨きをかけるべく、計算実務能力検定には、上級者対象の段位も設定されています。

計算実務能力検定試験は、電卓を使いこなすことができる能力を備えていることを客観的に証明することができる資格です。

計算実務能力検定の概要

【計算実務能力検定概要】

受験資格

受験資格は特にありません。

誰でも受験することができます。

試験内容

電卓操作の迅速性、正確性などを判定するため、7〜1級、段位(初段から名人位まで11種類)合計18種類に分けて行われる。

〜7〜4級〜

乗算・除算・見取算の各部の一般計算・小計・合計・構成比率の算出。

〜3〜段位〜

乗算・除算・見取算・伝票算の各部の一般計算・小計・合計・構成比率の算出。

申込み期間

例年、以下の期間に受付されています。

4月中旬〜下旬の8日間。

6月中旬〜下旬の8日間。

9月上旬〜中旬の8日間。

11月上旬〜中旬の8日間。

1月中旬の8日間。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

年5回:5月、7月、9月、11月、翌年2月

受験料

7〜5級:各800円

4級:1,000円

3級:1,600円

2級:1,800円

1級:2,400円

段位:3,000円(各税込)

参照:全国経理教育協会

計算実務能力検定についてのコメント

計算実務能力検定について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

計算実務能力検定に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る