文書処理能力検定の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

文書処理能力検定について

文書処理能力検定とは、ワープロやパソコンを使って文書を作る能力を有するかどうかを試す資格試験で、民間資格です。

ワープロの普及で、企業における文書作成や処理の方法は大きく変わりましたが、現在では、ワープロに変わりパソコンが普及しています。

正確で迅速に文書を作成 したり処理できる能力をもった人は企業にとっても大切な人材で、有資格者は就職にも有利となります。

さらに現在では、企業の書類作成などの事務作業が外部に発注されることが増えており、女性のサイドビジネスとしても最適です。

文書処理能力検定は、時代の流れに合った資格で今後ますます需要の拡大が期待できる、将来性のある資格です。

文書処理能力検定の概要

【文書処理能力検定概要】

受験資格

受験資格は特にありません。

誰でも受験することができます。

試験内容

〜4級〜

実技:
1、入力:250字(10分)
2、文書作成:手書きの与えられた文書をレイアウトして作成(修正を含む)(20分)

〜3級〜

学科:(20分)
1、技術常識:ワープロに関する基礎知識
2、国語力:漢字の知識(常用漢字)、熟語の知識

実技:
1、入力:300字(10分)
2、文書作成:手書きの与えられた文書をレイアウトして作成(追加・削除・修正を含む)(30分)

〜2級〜

学科:(20分)
1、技術常識:ワープロに関する実務常識
2、国語力:漢字の知識(常用漢字)、慣用句の知識

実技:
1、入力:500字(10分)
2、文書作成:メモ書き原稿から正式文書の作成(30分)

〜1級〜

学科:(20分)
1、技術常識:ワープロに関する高度な知識
2、国語力:漢字・ことわざの知識

実技:
1、入力:800字(10分)
2、文書作成:メモ書き原稿から正式文書の作成(30分)

申込み期間

試験日の約1カ月前(指定日)に締め切る。

※協会加盟校で配布する受験願書に必要事項を記入して申し込む。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

7月の第1土曜日、11月の土曜日、2月の第1土曜日。

受験料

4級:2,500円

3級:3,500円

2級:5,000円

1級:7,000円 (各税込)

参照:全国経理教育協会

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る