海上無線通信士試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

海上無線通信士試験について

海上無線通信士試験に合格すると、海上無線通信士という国家資格を取得することができます。

そして、試験に合格して海上無線通信士という資格を取得すると、海上における無線通信をすることができるようになります。

この海上無線通信士という資格は、平成元年の電波法の改正に伴い、1級〜3級の海上無線通信士が新設されました。

従来は、電話級無線通信士という資格は、4級海上無線通信士という名称に変更され、さらに操作できる範囲も安全性を重視するものに変更されました。

合格率は、4級が約36%、3級が約33%、2級が約19%、1級が約36%ととなっております。

海上無線通信士試験の概要

【海上無線通信士試験概要】

受験資格

受験資格は特にありません。誰でも受験することができます。

試験内容

マークシートによる多肢選択式の試験で実施されます。

試験科目

無線工学、電波法などの法規、などが出題されます。

科目合格制があります。

申込み期間

例年以下の期間に受付されています。

4級:例年6月と12月くらい

1級〜3級:例年7月と1月

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

4級:例年、8月と2月に実施されています。

1級〜3級:例年9月と3月に実施されています。

受験料

4級:7,080円

3級:8,880円

2級:13,680円

1級:15,480円

参照:財団法人日本無線協会

海上無線通信士試験についてのコメント

海上無線通信士試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

海上無線通信士試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る