職業訓練指導員の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

職業訓練指導員について

職業訓練指導員とは、名前のとおり職業訓練をするための指導員になるための国家資格です。

産業構造の変化、高齢化社会の進展により、新しい職種に転職する機会が増え、職業訓練の必要性も高まっている。

職業訓練の効果を上げるには優れた指導員が必要となる。

この免許は全部で123の職種に細かく分類されており、資格取得には各分野の専門知識が要求される。

職業訓練指導員の概要

【職業訓練指導員概要】

受験資格

1、職業訓練指導員試験に合格する。

2、職業訓練指導員講習を修了する。

3、学歴などによる(職業能力開発大学校卒業者 など)。

※採用にあたっては、別に採用試験を受験しなくてはならない。

試験内容

〜受験・受講資格〜

試験:

1、中学・高校・大学などを卒業後、一定の実務経験を有する者
2、職業訓練校を修了後、一定の実務経験を有する者
3、厚生労働大臣が指定する学校を卒業後、一定の実務経験を有する者
4、1級・単一等級および2級の技能検定に合格した者 など

講習:

1、技能士1級・単一等級の合格者
2、大学(免許職種に関する学科履修)を卒業後、実務経験2年以上の者
3、短大・高専(免許職種に関する学科履修)を卒業後、実務経験4年以上の者
4、高校(免許職種に関する学科履修)を卒業後、実務経験7年以上の者
5、その他、職業訓練校修了後、一定の実務経験を有する者 など

〜試験・講習内容〜

試験:

電気、建築、自動車整備、染色、インテリア、機械など123の免許職種ごとに行われる。

学科:

1、指導方法(職業訓練原理、教科指導法、訓練生の心理、生活指導、職業訓練関連法規 ほか)
2、関連学科(系基礎学科・専攻学科)

実技:

講習:次の科目について、6日間48時間

1、職業訓練原理
2、教科指導法
3、労働安全衛生
4、関係法規
5、教材の活用
6、事例研究
7、訓練生の心理
8、生活指導
ほか

申込み期間

各都道府県ごとに公示される。

試験日

〜講習期日〜

各都道府県により異なる。

〜開講地〜

各都道府県により異なる。

受験料

各都道府県により異なる。

参照:厚生労働省

職業訓練指導員についてのコメント

職業訓練指導員について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

職業訓練指導員に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る