衆議院事務局職員(1種・2種・3種)試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キング

資格一覧へ戻る > 公務員試験一覧 > さ行資格一覧 > 衆議院事務局職員(1種・2種・3種)試験

衆議院事務局職員(1種・2種・3種)試験について

衆議院事務局職員(1種・2種・3種)とは、衆議院事務局は、議員の自律権に基づき、衆議院の事務を処理するために置かれている機関で働くために合格しなければならない試験です。

政治というダイナミズムのある世界の中で、迅速・適確に事務処理を進めていくことが求められており、議会制民主主義を陰で支える重要な仕事である。

採用試験は1・2・3種に分かれて実施されています。

政治は、いつの時代でも私たちの生活と密接不可分のものだり、非常に重要な分野であることから志の高い人におすすめの資格です。

衆議院事務局職員(1種・2種・3種)試験の概要

受験資格

以下のような受験制限があります。

3種:試験実施年度4月1日現在、17歳以上21歳未満の者。

2種:試験実施年度4月1日現在、21歳以上26歳未満の者。

1種:試験実施年度4月1日現在、21歳以上26歳未満の者。

試験内容

筆記試験と人物試験によって実施されています。

試験科目

〜3種〜高校卒業程度

1次

筆記試験:1、一般教養(多肢選択式、120分)
2、作文(60分)

2次

1、身体検査(胸部X線撮影、血液など)
2、面接(個別面接による人物評価)

〜2種〜大学卒業程度

1次

筆記試験:1、一般教養(多肢選択式、120分)
2、専門(多肢選択式、120分)

2次

筆記試験:論文(記述式、2問120分)

3次

1、身体検査(胸部X線撮影、血液など)
2、集団討論
3、個別面接

〜1種〜大学卒業程度

1次

筆記試験:1、一般教養(多肢選択式、120分)
2、専門(多肢選択式、120分)

2次

1、筆記試験:論文(記述式、2問120分)
2、身体検査(胸部X線撮影、血液など) 3、面接(個別面接による人物評価)

3次

口述試験

試験日

〜3種〜

1次:9月中旬
2次:9月下旬の指定する日

〜2種〜

1次:7月上旬
2次:7月下旬 〔3次〕8月下旬〜9月上旬の指定する日

〜1種〜

1次:6月上旬
2次:6月中旬〜7月上旬の指定する日
3次:7月中旬

試験地

東京

参照:衆議院事務局庶務部人事課任用係

衆議院事務局職員(1種・2種・3種)試験についてのコメント

衆議院事務局職員(1種・2種・3種)試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

衆議院事務局職員(1種・2種・3種)試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

資格一覧へ戻る > 公務員試験一覧 > さ行資格一覧 > 衆議院事務局職員(1種・2種・3種)試験

ページの上に戻る