溶接管理技術者の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

溶接管理技術者について

溶接管理技術者とは、溶接作業者の技量の向上を図り、溶接に関連する作業を行う際に管理し、又は円滑に作業を進行するのに必要な資格です。

溶接作業は、ダムや高層建築物などの大型の公共事業から、小さな身近な工事までと非常に幅広く必要とされる技術です。

そして、溶接作業は、それらの構造物の安全性に直結するため、非常に重要な仕事となります。ですから、ある一定程度の専門的技術を有する者によってなされる必要があり、世界の産業にとっても、技術の発達・維持は大きな課題となっております。

溶接管理技術者は、溶接作業が必要となる現場において、溶接の技術を指導し、また現場を管理するという大きな使命を持った職務に従事することになります。

溶接作業が、不要になることは考えにくいため、これからもますます需要があるであろうと予想されますので、溶接管理技術者の資格は、おすすめの資格の一つです。

なお、1級、2級、特別級に分類されています。

溶接管理技術者の概要

受験資格

以下のような受験制限があります。

実務経験が7年以上などの受験制限があります。

試験内容

筆記試験と口述試験によって実施されます。

溶接力学、溶接管理・施工などの出題がされます。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

筆記試験:例年6月と11月の年2回

口述試験:筆記試験の約1ヵ月後

受験料

2級:筆記 12,600円、口述 21,000円

1級:筆記 12,600円、口述 21,000円

特別級:筆記 12,600円、口述 26,250円

参照:(社)日本溶接協会

溶接管理技術者についてのコメント

溶接管理技術者について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

溶接管理技術者に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る