石油学会溶接士技量検定の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

石油学会溶接士技量検定について

石油学会溶接士技量検定とは、石油関連の工業装置などに関する知識などを有するかどうかを試すための資格試験で、民間資格とされています。

石油工業関連の装置の溶接をする技術者を対象とした技量検定で、日本溶接協会と石油学会が共催している。

資格認証を受けた者は、石油関係の一般構造物、圧力容器、貯槽、配管などの溶接に携わることができるうえ、ガス事業にかかわる溶接を行うこともできる。

石油学会溶接士技量検定の概要

受験資格

以下のような受験制限があります。

各種の級ごとに日本溶接協会が認証したJISにもとづく技術資格をもつ者。

レベル

試験材によって次の7種に分かれている。

各種が、1級が現場溶接、2級が工場溶接に区分される。ただし、C種、H種は1級現場溶接のみである。

A種:炭素鋼(板):19mm以下
B種:炭素鋼(板):すべての厚さの板
C種:炭素鋼:厚さ22mm以下の管および板
E種:高張力鋼(板):すべての厚さの板
F種:2.25Cr−1Mo鋼:厚さ22mm以下の管および板
G種:オーステナイト系ステンレス鋼(板):19mm以下
H種:オーステナイト系ステンレス鋼:厚さ22mm以下の管および板

試験内容

〜A〜C種〜

溶接技能者評価試験合格者を書類審査により認定する。

〜E種〜 実技試験

1級:溶接姿勢/下向き、立向き、横向き、上向き
2級:溶接姿勢/下向き、立向き、横向き

以下の姿勢で、試験片の側曲げ試験、破面試験を行う。

〜F種〜 実技試験

水平固定管、鉛直固定管を溶接し、表曲げ試験、裏曲げ試験によって試験する。

〜G・H種〜

ステンレス鋼溶接技術検定合格者を書類審査により認定する。

申込み期間

各地区によって異なりますので、各自お問合せください。

試験日

地区ごとに毎月実施されています。

参照:(社)日本溶接協会

石油学会溶接士技量検定についてのコメント

石油学会溶接士技量検定について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

石油学会溶接士技量検定に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る