放射線取扱主任者の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

放射線取扱主任者について

放射線取扱主任者とは、放射線の取り扱いなどに関する知識などを有するかどうかを試すための資格試験で、国家資格とされています。

理学・農薬・工業や医療の分野で利用が拡大している放射性同位元素や放射線発生装置だが、取扱いは慎重を要する。

放射線取扱主任者は、放射線障害の防止を管理・監督するのが職務で、放射線同位元素や発生装置を利用する事業所では最低でも1人の選任が義務づけられている。

法律上守られている国家資格ですので、需要が大きく資格としての価値は高いということができるので、ぜひ取得しておきたい資格です。

放射線取扱主任者の概要

【放射線取扱主任者概要】

受験資格

受験制限は特にありません。誰でも受験することができます。

※試験に合格後、文部科学大臣名の合格証が交付される。免状の取得には、試験に合格後、それぞれ第2種(一般)は3日間、第1種は5日間の指定講習を受けなければならない。

講習の第2種(一般)は、原子力安全技術センター、第1種は、日本原子力研究所、日アイソトープ協会で実施されているが、受講期限はない。

試験内容

第2種(一般)、第1種ともに、全科目択一式問題・マークシート方式で実施されています。

試験科目

〜第2種(一般)〜

1、放射線同位元素による放射線障害の防止に関する管理技術(放射線の測定に関する技術ならびに物理学、化学および生物学のうち放射線に関するものを含む)
2、放射性同位元素による放射線障害の防止に関する法令

〜第1種〜
1、放射性同位元素および放射線発生装置による放射線障害の防止に関する管理技術
2、放射線の測定に関する技術
3、物理学のうち放射線に関するもの
4、化学のうち放射線に関するもの
5、生物学のうち放射線に関するもの
6、放射性同位元素および放射線発生装置による放射線障害の防止に関する法令

申込み期間

例年、以下の期間に受付されています。

5月上旬〜6月下旬(4月中旬頃官報で告示)。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

第2種(一般):8月下旬の1日間

第1種:8月下旬の2日間

受験料

第2種(一般):9,900円

第1種:14,800円

参照:(財)原子力安全技術センター

放射線取扱主任者についてのコメント

放射線取扱主任者について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

放射線取扱主任者に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る