非破壊試験技術者資格試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

非破壊試験技術者資格試験について

非破壊試験技術者資格試験とは、非破壊検査の技術などに関する知識などを有するかどうかを試すための資格試験で、民間資格とされています。

金属・構造物などの探傷検査を行う際に、必要不可欠な技術である非破壊試験技術の技量認定は、資格の種別・レベルは20種類以上に細分化され、社会の安全確保に大きく貢献している。

認定を受けた有資格者は、構造物検査会社・品質保証関連会社での業務をメインに活躍している。

非破壊試験技術者資格試験の概要

受験資格

以下のような受験制限があります。

レベル1を新規に受験する者は、以下の最低訓練時間が必要である。

放射線透過試験、超音波探傷試験、渦流探傷試験:40時間

磁粉探傷試験、浸透探傷試験、ひずみ測定、超音波厚さ測定:16時間

極間法磁粉探傷検査、通電法磁粉探傷検査、コイル法磁粉探傷検査、溶剤除去性浸透探傷検査、水洗性浸透探傷検査:8時間

※レベル2、レベル3の新規受験者についても最低訓練時間の規定がある。詳細は(社)日本非破壊検査協会に問い合わせる。

レベル

以下に示す種類があり、おのおのにレベルが設定されている。

放射線透過試験:レベル1・2・3
超音波探傷試験:レベル1・2・3
磁粉探傷試験:レベル1・2・3
浸透探傷試験:レベル1・2・3
渦流探傷試験:レベル1・2・3
ひずみ測定:レベル1・2・3
超音波厚さ測定:レベル1
極間法磁粉探傷検査:レベル1・2
通電法磁粉探傷検査:レベル1
コイル法磁粉探傷検査:レベル1
溶剤除去性浸透探傷検査:レベル1・2
水洗性浸透探傷検査:レベル1

試験内容

1次:筆記(レベル1・2・3)

2次:実技(レベル1・2)、筆記(レベル3)

※1次試験、2次試験に不合格となった者は、1回に限り次回に行われる試験を再試験として受験できる。また、資格発効日から10年後の有効期限の2年前から半年前までに、取得した資格を継続させるための再認証試験が実施される。

申込み期間

例年、以下の期間に受付されています。

春期:2月頃

秋期:8月頃(1次試験日程の約2カ月前)

試験日

1次:春期:3月下旬、秋期:9月下旬

2次:春期:5月上旬〜6月下旬、秋期:11月下旬〜12月下旬

受験料

各種とも1技術部門につき13,395円(税込)

参照:(社)日本非破壊検査協会認証事業本部

非破壊試験技術者資格試験についてのコメント

非破壊試験技術者資格試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

非破壊試験技術者資格試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る