ガス溶接作業主任者の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

ガス溶接作業主任者について

ガス溶接作業主任者とは、危険なガス溶接作業を管理・指導するガス溶接に関するエキスパートであることを客観的に証明することのできる国家資格です。

ガス溶接とは、ガス集合溶接装置を用いて、金属の溶接をすることなどをいいますが、高温を用いての作業となりますので、非常に危険な作業となります。

ですから、爆発などの災害を防止するために、高度な技術を有する技術者による管理・指導が不可欠になります。そんな、危険なガス溶接の指導・管理を行うエキスパートになるための国家資格が、このガス溶接作業溶接主任者なのです。

このガス溶接作業主任者の国家資格は、あらゆる溶接作業に関する資格の中でもトップレベルに位置する資格となっております。

溶接作業に従事されている方は、ぜひガス溶接作業主任者の国家資格を取得してください。

ガス溶接作業主任者の概要

受験資格

以下のような受験制限があります。

ガス溶接技能講習を修了した者で、その後実務経験が3年以上あるなどの受験制限があります。

試験内容

筆記試験で実施されます。

ガス集合溶接装置に関する知識や、それに関連する法令などが出題されます。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

各地区により異なりますが、年2回実施されます。

受験料

8,300円

参照:(財)安全衛生技術試験協会

ガス溶接作業主任者についてのコメント

ガス溶接作業主任者について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

ガス溶接作業主任者に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る