ボイラー溶接士試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

ボイラー溶接士試験について

次回の試験日は《2018年9月3日 (確定)》です。残り130日です。

ボイラー溶接士試験とは、ボイラーのプロであるボイラー溶接士になるための国家資格です。

ボイラー溶接士は、名前のとおりなのですが、溶接によって作られたボイラーや第1種圧力容器の製造・管理などを行うのが主な業務になります。

なお、ボイラー溶接士は、全ての溶接ボイラーの作業に携わることができる特別ボイラー溶接士と、ある一定の条件でのみ業務をすることができる普通ボイラー溶接士の2つに分かれています。

ボイラーは、情報技術がいくら発達している現代社会においても必ず必要なものです。つまり、必ず需要があるということです。

ボイラー溶接士は、ボイラーを取り扱う仕事をしている人にとっては、おすすめの国家資格です。

ボイラー溶接士試験の概要

【ボイラー溶接士試験概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

普通ボイラー溶接士は、溶接作業の経験が1年以上ある者という制限があります。

特別ボイラー溶接士は、普通ボイラー溶接士を取得後、1年以上ボイラーなどの作業経験がある者という制限があります。

試験内容

学科試験と実技試験で実施されます。

試験科目

ボイラーーの構造や材料、修繕方法などに関する基礎知識などが出題されます。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

9月、3月の年に2回。

受験料

〜普通ボイラー溶接士〜

学科:8,300円、実技:18,900円

〜特別ボイラー溶接士〜

学科:8,300円、実技:21,800円

参照:(財)安全衛生技術試験協会

ボイラー溶接士試験についてのコメント

ボイラー溶接士試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

ボイラー溶接士試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る