ボイラー整備士試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

ボイラー整備士試験について

ボイラー整備士試験とは、ボイラー整備士になるための試験で国家資格とされています。

ボイラーは、取り扱い方を間違えると非常に危険なので、ボイラーを取り扱うには高度な技術が必要となります。

そのため、業務に遂行するには免許を取得していることが必要とされています。

そのなかでも、一定規模以上のボイラーまたは、第1種圧力容器のボイラー本体および付属設備・装置などの管理などに従事するのが、このボイラー整備士です。

一定の大きさを超えるボイラー又は第一種圧力容器の整備の業務を行う際には必ず必要な資格です。

現代においては大規模なボイラーが増えており、またボイラー自体の性能も高性能化しているので、それに応じてますます需要が高まってきている国家資格です。

工業系の仕事に興味のある方は取得しておきたい資格です。

ボイラー整備士試験の概要

【ボイラー整備士試験概要】

受験資格

1、ボイラーの整備を主に行う事業や業務においてボイラー又は第一種圧力容器の整備の補助業務に6月以上従事した経験を有する者。

2、自己の取扱うボイラー又は第一種圧力容器の整備の補助業務に3年以上従事した経験を有する者。

3、ボイラーの整備を主に行う事業や業務において小規模ボイラー又は小規模第一種圧力容器の整備の業務に6月以上従事した経験を有する者。

4、自己の取扱う小規模ボイラー又は小規模第一種圧力容器の整備に3年以上従事した経験を有する者。

5、準則訓練(職業訓練)のうち整備管理・運転系のボイラー運転科を修了した者。

6、専修訓練(職業訓練)のうちボイラー運転科を修了した者。

などの制限があります。

それぞれ受験資格を有することを証明するために、受験申請書類に、添付書面が必要となります。

試験内容

マークシートにより実施されます。

試験科目

試験科目、出題数、試験時間の詳しい情報については、下表を参考にしてください。

試験日

2月、6月、10月、の年3回実施されています。

受験料

8,300円

〜ボイラー整備士試験科目、配点、時間〜

試験科目 出題数(配点) 試験時間

ボイラー及び第一種圧力容器の整備の作業に関する知識

10問(30点)

13:30〜16:00:2時間30分

科目免除者は、

13:30〜15:10:1時間40分


ボイラー及び第一種圧力容器の整備の作業に使用する器材、 薬品等に関する知識 5問(20点)
関係法令 5問(20点)
ボイラー及び第一種圧力容器に関する知識 10問(30点)

参照:(財)安全衛生技術試験協会

このページを見ている人はこんなページも見ています。

ボイラー整備士試験についてのコメント

ボイラー整備士試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

ボイラー整備士試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る