屋外広告物士の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

屋外広告物士について

屋外広告士試験は、街でよく見かける、屋外に掲示されている広告の専門家になるための資格制度で、屋外広告物法が定めている「登録試験期間」である、全日本屋外広告業団体連合会が実施する民間資格です。

屋外広告物の製作・施工に関する総合令的な知識及び技術を有することを認定する資格制度で、有資格者は屋外広告業登録に必須の「業務主任者」になることができ、業の健全な発展に向けて活躍が期待されています。

インターネット広告の普及により、市場が厳しい業界というイメージがありますが、最近では最先端技術を活用した電子広告(デジタルサイネージ)の市場が急拡大しており、今後、注目の業界です。

今後の成長ポテンシャルを考えると、広告業界に興味のある方は、取得しておいて損はない資格だと思います。

屋外広告物士の概要

【屋外広告物士概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

18歳以上で実務経験が3年以上の者(※事業所の証明印が必要です)。

試験内容

マークシート方式の学科試験と実技試験によって実施されています。

試験科目

・問題A(関係法規)15問

・問題B(広告デザイン)20問

・問題C(設計・施工)15問

合格基準

学科(学科受験科目の合計点)、実技それぞれの試験において、原則として60%以上の得点があった者を合格とする。

ただし、それぞれの試験における平均点等の状況により、合格基準が下げられる場合もあります。

申込み期間

例年、5月から8月くらいまでの間に受付されています。

試験日

例年、11月の第1日曜日に実施されています。

受験料

16,800円(消費税800円を含む)

参照:全日本屋外広告業団体連合会

屋外広告物士についてのコメント

屋外広告物士について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

屋外広告物士に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る