建築施工管理技士試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

建築施工管理技士試験について

建築施工管理技士試験とは、建築工事において主任としての役割を果たす、建築施工管理技士になるための試験です。

建築施工管理技士は、建築工事において、管理者として、施工計画を作成し、工事を管理するのが主たる仕事になります。

鉄筋工事、大工工事、内装工事など、あらゆる各工程の品質の維持、安全管理に努めなければならないので、専門的な知識が要求されます。

また、建築施工管理技士試験にも、一級と二級があり、2級所持者は、中小規模の工事、1級所持者は大規模工事を行うことができます。

建設業関係者にとっては不可欠な国家資格ということができます。

建築施工管理技士試験の概要

【建築施工管理技士試験概要】

受験資格

〜二級〜

1、大学卒業者は、1年以上の実務経験
2、短大・高専卒業者は2年以上の実務経験
3、高校卒業者は、3年以上の実務経験
4、その他の者は8年以上の実務経験
5、電気受任技術者などの有資格者

〜一級〜

1、大学卒業者は、3年以上の実務経験
2、短大・高専卒業者は5年以上の実務経験
3、高校卒業者は、10年以上の実務経験
4、その他の者は15年以上の実務経験
5、2級合格者で、合格後5年以上経過した者

さらに、1級に関しては、上記期間の中に監督的実務を1年以上含むことが必要となります。

試験内容

学科試験と実技試験によって実施されています。

試験科目

試験は、学科試験と、実地試験によって実施されます。

出題科目は以下のとおりです。

〜2級〜

学科:建築、仕上げ等
実地:建築など

〜1級〜

学科:建築工学、施工管理法、法規など
実地:施工管理法

申込み期間

例年以下の期間に受付されています。

二級:例年7月中旬

一級:例年2月中旬

試験日

例年以下の期日に実施されています。

二級:11月の第二日曜日

一級:学科が6月の第2日曜日、実地が10月の第3日曜日

受験料

二級:9,400円(実地のみの場合は、4,700円)

一級:学科・実地、それぞれ9,400円かかります。

参照:財団法人建設業振興基金

建築施工管理技士試験についてのコメント

建築施工管理技士試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

建築施工管理技士試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る