型わく支保工の組立て等作業主任者の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

資格一覧へ戻る > 国家資格一覧 > 建築/施工系資格一覧 > か行資格一覧 > 型わく支保工の組立て等作業主任者

型わく支保工の組立て等作業主任者について

型わく支保工の組立て等作業主任者とは、型枠の組み立てなどに関する知識・能力を有するかどうかを試すための資格試験で、国家資格とされています。

型わく支保工とは、ビルなどの建設時、コンクリートの打設に用いる型わくを支持する仮説設備のこと。

型わく支保工の組立て等作業主任者は、この仮設設備の組立て・解体作業を行う場合、作業を直接指揮し、材料や工具の点検、安全帯・保護帽の使用状況の監視などを行う。

【取得方法】

都道府県労働局長の登録を受けた機関・団体の行う技能講習を修了したのち、修了試験に合格する。

講習は(社)日本鳶工業連合会、(財)日本産業技能教習協会など複数の機関で行われるが、(社)日本鳶工業連合会の場合は以下のとおり。

型わく支保工の組立て等作業主任者の概要

【型わく支保工の組立て等作業主任者概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

1、型わく支保工の組立てまたは解体に関する作業に、3年以上従事した経験をもつ者

2、大学・高専または高校で、土木・建築に関する学科を専攻して卒業し、その後2年以上の実務経験をもつ者

3、職業訓練法による建設科、ブロック科またはとび科の訓練を修了し、その後2年以上の実務経験をもつ者ほか

試験内容

筆記試験によって実施されています。

試験科目

1、型わくおよび型わく支保工の組立て・解体等に関する知識:型わくおよび型わく支保工の種類と材料、組立てと解体の作業方法、型わく支保工の構造と組立図および点検

2、工事用設備・機械・器具・作業環境に関する知識:工事用設備および機械の取扱い・器具および工具・電気、墜落防止および落下物防止のための設備、悪天候における作業の方法

3、作業者に対する教育等に関する知識:作業者に対する教育および指導方法、作業標準、災害発生時における措置

4、関係法令:労働安全衛生法・労働安全衛生法施行令・労働安全衛生規則の関係条項

試験日

例年以下の期日に実施されています。

6カ月に1回も予定で実施されるが、定員50名に達しなければ行わず、定員に達し次第実施する。

受験料

5,500円(別にテキスト代1,900円)各税込

参照:社団法人日本鳶工業連合会

型わく支保工の組立て等作業主任者についてのコメント

型わく支保工の組立て等作業主任者について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

型わく支保工の組立て等作業主任者に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

資格一覧へ戻る > 国家資格一覧 > 建築/施工系資格一覧 > か行資格一覧 > 型わく支保工の組立て等作業主任者

ページの上に戻る