管工事施工管理技士の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

管工事施工管理技士について

管工事施工管理技士とは、管工事などに関する知識・能力を有するかどうかを試すための資格試験で、国家資格とされています。

管工事は、配管工事や設備工事など広い範囲に及び、建設工事のなかでも大きな比重を占めており非常に重要な役割を担う仕事です。

それだけに有資格者の活躍の場は広く、自ら建設業を開業することも可能であり、仕事の幅を広げることができる有益な資格です。

ただし、1級の試験はかなりレベルが高いため、2級を取得してから1級をめざす人が多いの現状となっております。

管工事施工管理技士の概要

【管工事施工管理技士概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

〜2級〜

1、指定学科卒業(土木工事・都市工学・衛生工学・電気工学・機械工学・建築学科など):大卒後1年以上の実務経験者、短大・高専卒後2年以上の実務経験者、高卒後3年以上の実務経験者

2、指定学科以外の卒業:大卒後1年6カ月以上の実務経験者、短大・高専卒後3年以上の実務経験者、高卒後4年6カ月以上の実務経験者

3、その他の者で8年以上の実務経験者

4、職業能力開発促進法による「配管」の技能検定合格者 ほか

〜1級〜

学科:

1、指定学科卒業:大卒後3年以上の実務経験者、短大・高専卒後5年以上の実務経験者

2、指定学科以外の卒業:大卒後4年6カ月以上の実務経験者、短大・高専卒後7年6カ月以上の実務経験者

3、2級管工事施工管理技術検定に合格後5年以上の実務経験者、または2級合格者で1年以上の専任の主任技術者経験を含む3年以上の実務経験者

4、職業能力開発促進法による「1級の配管」の技能検定合格者ほか

実地:

1、当年度学科試験合格者
2、前年度学科試験合格者ほか

試験内容

学科試験と実技試験によって実施されています。

試験科目

〜学科〜

1、機械工学等
2、施工管理法
3、法規

〜実地〜

施工管理法

申込み期間

例年以下の期間に受付されています。

〜2級〜

学科・実地:5月上旬〜下旬

〜1級〜

学科:5月上旬〜下旬

実地:10月下旬〜11月上旬

試験日

例年以下の期日に実施されています。

〜2級〜

学科・実地:9月中旬(2級の学科と実地は同日に行う)

〜1級〜

学科:9月上旬
実地:12月上旬

受験料

〜2級〜

学科・実地:8,500円
実地のみ:4,250円

〜1級〜

学科:8,500円
実地:8,500円

参照:財団法人全国建設研修センター

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る