土木施工管理技士の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

土木施工管理技士について

土木施工管理技士とは、建築工事の施工や管理などに関する知識・能力を有するかどうかを試すための資格試験で、国家資格とされています。

建設工事作業の手段や進行、安全性をチェックする現場のまとめ役となり建設現場において非常に重要な役割を果たすことになります。

高度な専門知識と管理能力が要求される資格だけに、社会的評価も高く、国土交通大臣、知事から建設業開業の許可を得るための専任技術者となることができます。

自営でも企業の中で活躍するうえでも必須の資格ということができるでしょう。

土木施工管理技士の概要

【土木施工管理技士概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

〜2級〜

1、指定学科卒業:大学卒業後1年以上、短大・高専卒業後2年以上、高校卒業後3年以上の実務経験のある者。

2、指定学科以外卒業:大学卒業後1年6カ月以上、短大・高専卒業後3年以上、高校卒業後4年6カ月以上の実務経験のある者。

3、その他の者:8年以上の実務経験のある者。

〜1級〜

1、指定学科卒業:大学卒業後3年以上、短大・高専卒業後5年以上、高校卒業後10年以上の実務経験のある者。

2、指定学科以外卒業:大学卒業後4年6カ月以上、短大・高専卒業後7年6カ月以上、高校卒業後11年6カ月以上の実務経験のある者。

3、2級合格者:平成9年度までの合格者で合格後5年以上、または平成11年度までの合格者で合格後1年以上の専任の主任技術者経験を含み3年以上の実務経験のある者。

試験内容

筆記試験によって実施されています。

試験科目

〜2級〜

土木・鋼構造物塗装・薬液注入の3種別に分けて行われる。

学科:土木工学等、法規は3種別とも共通、さらにそれぞれ施工管理法、鋼構造物塗装施工管理法、薬液注入施工管理法。

実地:種別ごとに施工管理法。

〜1級〜

学科:土木工学等、法規 ほか。

実地:施工管理法。

申込み期間

例年以下の期間に受付されます。

〜2級〜

学科・実地:3月上旬〜中旬

〜1級〜

学科・実地:3月上旬〜中旬

試験日

例年以下の期日に実施されています。

〜2級〜

学科・実地:7月中旬(2級の学科と実地は同日に行われます。)

〜1級〜

学科:7月上旬
実地:10月上旬

受験料

〜2級〜

学科・実地:8,200円
実地のみ:4,100円

〜1級〜

学科:8,200円
実地:8,200円

参照:(財)全国建設研修センター土木試験課

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る