商業経済検定試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キング

商業経済検定試験について

著者文字実のプロフィール写真この記事は、文字実が執筆しました。

次回の試験日は《2022年2月5日 (予想)》です。残り62日です。

商業経済検定試験とは、商業経済についての知識を習得するために全国商業高等学校協会により実施されている資格試験で民間資格とされています。

商業経済についてどれだけの知識と能力があるかを、商業高等学校の在校生ならびに卒業生等を対象に検定するのが、商業経済検定試験です。

商業経済検定試験の勉強をすることは、現在学校で学んでいることや、すでに学び終えた学科について、実力を試す絶好のチャンスです。

商業経済検定の勉強をすることで新聞の経済欄が理解できるなど、将来仕事をする時に役に立つことでしょう。

また、行政書士試験や公務員試験など、一般教養が出題科目になっている試験の対策などにも有効となるかもしれません。

ただ、資格・検定としての知名度はいまいち低いのが現状なので、どうしても必要というわけではありません。

商業経済検定試験の概要

受験資格

受験制限は特にありません。

誰でも受験することができます。

試験内容

筆記試験によって実施されています。

試験科目

〜第3級〜

ビジネス基礎

〜第2級〜 (1〜4のうち、いずれか1科目)
1、マーケティング
2、商品と流通
3、国際ビジネス
4、経済活動と法

〜第1級〜 (1〜4のうち、いずれか2科目)
1、マーケティング
2、商品と流通
3、国際ビジネス
4、経済活動と法

※問題は文部科学省学習指導要領に準拠し、第1級および第2級の科目は、第3級の内容を基礎としたものである。2級合格者が1級を受験する場合、2科目のうち1科目は、2級合格科目を充てることができる。

申込み期間

例年、以下の期間に受付されています。

11月中旬。

【申込方法】

1、受験票に検定料を添えて申し込む。

2、1人で2科目以上受験する場合には、それぞれについて受験票と検定料を提出する。

3、在校生については、原則として在籍校に申し込むこと。

4、高校生以外は、一般受験を受け付ける試験場校に申し込むこと。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

2月の第1日曜日。

受験料

1科目につき1,000円 (税込)

参照:財団法人全国商業高等学校協会(商業経済検定試験)

商業経済検定試験についてのコメント

商業経済検定試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

商業経済検定試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

人手不足のWEB業界に経験無しからチャレンジ

WEB業界へ転職して年収を上げる

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

人手不足でまだまだ需要のあるWEB業界に経験無しでもチャレンジできます。

ページの上に戻る