LGBTについて理解しSOGIハラを防ぐ

LGBT検定について

著者文字実のプロフィール写真この記事は、文字実が執筆しました。

LGBT基礎理解検定は、日本で初めてLGBTに関する資格として誕生したもので民間資格の1つです。

LGBTは、Lesbian(レズビアン)、Gay(ゲイ)、Bisexual(バイセクシャル)、Transgender(トランスジェンダー)の頭文字を取った言葉で、性的少数者を表す言葉の1つとして使われる事があります。

また、多数派も含めた全ての人が持つ属性を表したSOGI(ソジ)という言葉が使われることもあります。

LGBTに関する単純な知識を学ぶのではなく、基本的な考え方と、相手の気持ちを考え配慮することまで学ぶ事ができます。

性的指向や性自認に関係するハラスメントをSOGIハラと呼びますが、職場でのSOGIハラを防止する事に役立ちます。

また、LBGTに関するサービスなどを提供している人にとっても役立つ内容となっています。

日本でのLGBTの割合は1%から8%くらいだと言われており、決して他人事ではありません。

多様性を認める社会を実現するために、できるけ多くの人が学んだ方がいいテーマを扱っている資格です。

LGBT検定の概要

受験資格

受験制限はありません。

LGBTについて理解を深めたい人などを含め、誰でも受験する事ができます。

レベル

初級と上級の2つのレベルがあります。

【初級】

初級は以下のような方におすすめです。

  • LGBTについて知識のない方、支援をしたい方
  • LGBTの方々に対するサービスを提供したい方
  • 企業の人事の方でなにが重要なのか整理をしたい方
  • 教育現場で働く方
  • LGBTについて勉強したい学生の方

上級は以下のような方におすすめです。

  • 企業で人事担当をしている方
  • 企業で部下を持つ管理職の方
  • SOGIハラスメントに取り組みたい経営者の方
  • LGBTに関する商品を新規開発したい方
  • LGBTに関する取り組みで法人の価値向上効果を期待する経営者の方
  • LGBTに関する知識をより深く学びたい方
  • ご自身以外のセクシュアリティについて知りたい方

試験内容

eラーニングによる講義を受講した後に、オンラインでの確認試験が実施されています。

試験科目

LGBTの基本的な考え方などを学びます。

申込み期間

随時申し込みの受付が行われています。

試験日

随時実施されています。

試験地

自宅で講義を受講し、試験も自宅で受験できます。

受験料

以下の費用が必要となります。

初級:10,780円

上級:54,560円

それぞれ、テキスト、受講料、受験料が含まれています。

問合せ先

一般社団法人CialFrame
〒101-8011
東京都千代田区神田駿河台3丁目1-8 9292ビル1F
TEL:03-5657-6640
Mail:info@jlga.or.jp

参照:一般社団法人CialFrame

LGBT検定についてのコメント

LGBT検定について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

LGBT検定に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

人手不足のWEB業界に経験無しからチャレンジ

WEB業界へ転職して年収を上げる

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

人手不足でまだまだ需要のあるWEB業界に経験無しでもチャレンジできます。

ページの上に戻る