ビル経営管理士試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

ビル経営管理士試験について

ビル経営管理士とは、ビル経営に従事しようとする者を対象として実施されている公的資格で、ビル経営のスペシャリストになるための資格です。

現代においては、ビルの所有と経営の分離が進み、経営手法の近代化が一層求められている。

この試験は、賃貸ビル経営に従事している人、またはこれから従事しようとする人を対象として行われるもので、試験に合格し、実務経験要件を満たしたときに、ビル経営管理士の称号が与えられる。

〜ビル経営管理士資格取得の手順〜

ビル経営管理士資格登録までの過程

ビル経営管理士試験の概要

【ビル経営管理士試験概要】

受験資格

受験資格は特にありません。誰でも受験することができます。

〜資格登録要件〜

ただし、資格登録するには、以下の要件が必要です。

現に、階数が5以上で、延べ面積が1,0002を超える賃貸オフィスビルの経営管理の業務に従事している(していた)か、または従事しようとする者で、次の条件のいずれかを満たす者。

1、不動産経営管理に関し5年以上の実務経験があり、その間に賃貸ビル経営管理に関し2年以上の実務経験がある者。

2、不動産経営管理に関し5年以上の実務経験があり、なおかつセンターのビル経営管理講座を修了している者。

3、賃貸ビル経営管理に関し3年以上の実務経験がある者。

4、賃貸ビル経営管理に関し2年以上の実務経験があり、なおかつセンターのビル経営管理講座を修了している者。

試験内容

企画・立案、賃貸営業、管理・運営の3科目は択一式で実施されます。

総合記述については、記述式試験で実施されます。

試験科目

賃貸オフィスビルに関する以下の4科目が実施されます。

1、企画・立案
2、賃貸営業
3、管理・運営
4、総合記述

申込み期間

配布期間は例年7月中旬くらいから始まります。

願書は、以下の場所で受け取ることができます。

1、(財)日本ビルヂング経営センター

2、(社)日本ビルヂング協会連合会及び各ビルヂング協会事務局

試験日

例年12月の第1日曜日に実施されています。

参考として、平成20年度は、平成20年12月14日(日)に実施されています。

受験料

31,500円

参照:(財)日本ビルヂング経営センター

このページを見ている人はこんなページも見ています。

ビル経営管理士試験についてのコメント

ビル経営管理士試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

ビル経営管理士試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る