シスアド(初級システムアドミニストレータ)試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キング

資格一覧へ戻る > 国家資格一覧 > IT資格/パソコン資格一覧 > さ行資格一覧 > 初級システムアドミニストレータ(※廃止)

初級システムアドミニストレータ(※廃止)について

シスアドとは初級システムアドミニストレータの略称で、IT革命とともに急激に受験者数を増やしている大変人気のある資格です。

企業内のITリーダーとして活躍できるばかりでなく、今や社会人の最低限のスキルとなっていると思われます。

シスアドの資格を取得しているということは、仕事の流れをしっかり把握できる→流れをよくするためにシステムを改善することができる→すなわち仕事が速くて、しかもいい仕事をする人、ということになります。

企業としては、仕事が短時間で効率的にできる人が欲しいわけですから、当然シスアド取得者は優遇されることになります。

学生の方や、社会人の方でスキルアップを図りたい方のおすすめの資格です。

また、それ以外の方でもこれからますます加速するであろうITの進歩に対応するために勉強しておくというのもいいと思います。

これからは、知的財産の時代といわれていますが、まさしくそのとおりだと思います。過去においては情報を収集する能力に長けた者が歴史を支配しています。

アメリカが成長したのも情報収集能力に優れたFBIの力が非常に大きいでしょう。

そして、過去においては情報は一部の支配者達にしか保有されていませんでした。

しかし、現代のIT革命によってそれが大きく覆されています。

インターネットを通じてあらゆる情報を入手できるようになりました。ただ、その反面あまりの情報量にウソの情報か真実の情報であるのかを見極めるのが困難になってきました。

この大量の情報の中から有益な情報だけを適切にピックアップできる能力があればすべてのジャンルにおいて活躍できることは間違いありません。

シスアドに受験資格の制限はありませんので、みなさんも、シスアドを取得して、情報処理能力を高めてスキルアップを目指しましょう。

※初級システムアドミニストレータ試験は、平成21年度以降は廃止され、ITパスポート試験という名称に変更され実施されています。

初級システムアドミニストレータ(※廃止)の概要

【初級システムアドミニストレータ(※廃止)概要】

受験資格

受験資格は特にありません。誰でも受験することができます。

試験内容

業務と業務改善、情報システムの構築支援、などの科目でマークシート方式

午前 9:30〜12:00 全80問

午後 13:00〜15:30 全7問(長文読解)

合格基準

受験者数:約65000人

合格者数:約17000人

合格率:約25%

申込み期間

春:1月上旬から2月上旬くらい

秋:7月上旬から8月上旬くらい

試験日

春:4月の第3日曜日

秋:10月の第3日曜日

受験料

5,100円

参照:独立行政法人情報処理推進機構

初級システムアドミニストレータ(※廃止)についてのコメント

初級システムアドミニストレータ(※廃止)について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

初級システムアドミニストレータ(※廃止)に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

資格一覧へ戻る > 国家資格一覧 > IT資格/パソコン資格一覧 > さ行資格一覧 > 初級システムアドミニストレータ(※廃止)

ページの上に戻る