マルチメディア検定の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

マルチメディア検定について

マルチメディア検定とは、IT時代の全ての方に必要な知識や技能、インターネット活用力を評価する試験でマルチメディア全般にわたるスキルが取得可能である。

情報のマルチメディア化が進んでいる現代ではマルチメディア検定が就職や転職時に企業へアピール
出来る
為、映像や画像関係のプロの方だけでなく一般の方まで幅広い受験者層で人気の資格である。

IT関連、コンテンツ制作関連、ビジネス全般で活躍することができ、活用の幅が広い資格です。

特に、ITを駆使することが求められるビジネスマンは、取得しておきたい資格ということができるでしょう。

マルチメディア検定は、エキスパート(2級)とベーシック(3級)が設置されておりますので、自分の実力に応じて受験することができます。

マルチメディア検定の概要

【マルチメディア検定概要】

受験資格

受験制限は特にありません。誰でも受験することができます。

試験内容

筆記試験によって実施されています。

試験科目

〜ベージック(3級)〜

1、アナログとディジタルの違いやマルチメディアにおけるコミュニケーションなどについての知識。
2、文書、静止画、動画、音声のマルチメディア化が進むハードウェアについての知識。
3、文書や画像、映像をどう加工し編集・発信していくかの基礎的な知識。
4、インターネットに関する基本的な知識と利用するための知識。
5、Webや検索に関する基礎的な知識とインターネットでコミュニケーションするための知識。
6、インターネット上で展開する各種ビジネスに関する知識。
7、放送端末やショッピング端末など新しい可能性を広げる携帯電話についての知識。
8、生活の場で広がるさまざまなマルチメディア機器や放送などについての知識。
9、産業や公共など社会で広がるマルチメディアについての知識。
10、ユビキタス社会の進展とそれに伴うセキュリティや情報保護などについての知識。

〜エキスパート(2級)〜

1、マルチメディアとディジタルコミュニケーションについての基本的な知識。
2、文書・画像・映像・サウンドのマルチメディアを処理する技術についての知識。
3、コンピュータやインターネットに関する知識。
4、コンテンツ制作のプロセスとそれを実現する技術についての知識。
5、Webサイトを構築するためのページデザインやプログラミングとサイト運用の知識。
6、生活の中で広がるマルチメディア機器とその利用例に関する知識。
7、社会でのインターネットのさまざまな利用状況に関する知識。
8、IT社会が進展する上での社会的な問題に関する知識。

試験日

例年7月と11月の年2回実施されます。

※参考として、2008年度の実施日は以下のとおりです。

〜前期〜

検定日:7月13日(日)
出願期間:4月2日〜5月21日

〜後期〜

検定日:11月30日(日)
出願期間:9月2日〜10月15日

受験料

ベージック(3級):4,500円

エキスパート(2級):5,500円

参照:CG-ARTS協会

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る