スマートフォン・モバイル実務検定の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キング

資格一覧へ戻る > 民間資格一覧 > IT資格/パソコン資格一覧 > さ行資格一覧 > スマートフォン・モバイル実務検定

スマートフォン・モバイル実務検定について

次回の試験日は《2017年7月24日 (予想)》です。残り117日です。

スマートフォン・モバイル実務検定(旧ケータイ実務検定試験)とは、携帯電話サービス等の販売に関わる者が、消費者(ユーザー)保護の観点から通信にかかわる基礎知識・法知識を習得することを目的に実施されているMCPCが実施する民間資格です。

スマートフォン・モバイル実務検定に合格すると、携帯電話サービス等の販売員または携わることを予定する者が、業務上の基礎知識を有していることが認定されます。

モバイル業界は、iPhoneやAndroidoなどのスマートフォンの登場により、急速に成長しており、今後さらなる発展が期待されています。

携帯電話販売員、人材派遣会社登録者、消費者相談窓口の相談員、大学・短大・専門学校の情報・通信関連学科の学生、IT・モバイル関連企業の社員、就職希望者などにおすすめの資格です。

なお、MCPCは他にもモバイルに関する検定試験を実施しており、以下の図のような構成になっています。

〜MCPCにおけるスマートフォン・モバイル実務検定の位置づけ〜

MCPCにおけるスマートフォン・モバイル実務検定の位置づけ

スマートフォン・モバイル実務検定の概要

【スマートフォン・モバイル実務検定概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

満16歳以上の者。

試験内容

50問の4肢択一形式で実施されます。

試験時間は、10:30〜11:30の60分間です。

試験科目

ケータイ市場に関する知識、ケータイ(商品/サービス)の知識、コンテンツとアプリケーションに関する知識、モバイル関連技術とサービスの将来、消費者保護に関する知識、個人情報保護に関する知識、関係法令およびガイドラインに関する知識などが出題されます。

申込み期間

例年、以下の期間に受付されています。

5月から7月くらい。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

8月の第1週くらいのいずれかの日。

試験地

札幌、仙台、さいたま、東京、横浜、金沢、名古屋、大阪、広島、福岡で実施されています。

受験料

8,400円(税込み)

参照:MCPC(スマートフォン・モバイル実務検定)

このページを見ている人はこんなページも見ています。

スマートフォン・モバイル実務検定おすすめのテキスト・問題集

スマートフォン・モバイル実務検定についてのコメント

スマートフォン・モバイル実務検定について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

スマートフォン・モバイル実務検定に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

資格一覧へ戻る > 民間資格一覧 > IT資格/パソコン資格一覧 > さ行資格一覧 > スマートフォン・モバイル実務検定

ページの上に戻る