JASA組込みソフトウェア技術者試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

JASA組込みソフトウェア技術者試験について

JASA組込みソフトウェア技術者試験とは、組込み系ソフトウェア開発の技術や知識を有するかどうかを試す試験で、社団法人組込みシステム技術協会(JASA)により実施されている民間資格です。

組込みソフトウェアとは、PC等で利用される汎用的なシステムとは異なり、家電製品や車などの機械に組み込まれるコンピュータシステムのことを言います。

現代においては、あらゆる物にコンピュータが組み込まれており、今後さらに組込みソフトウェアの需要は増加していきます。

組込み系の開発者を目指すのであれば、取得しておきたい資格の一つです。

なお、JASA組込みソフトウェア技術者試験は、エントリレベル(クラス2)とミドルレベル(クラス1)の2段階のレベルが設定されています。

JASA組込みソフトウェア技術者試験の概要

【JASA組込みソフトウェア技術者試験概要】

受験資格

受験制限は特にありません。誰でも受験することができます。

試験内容

コンピュータ環境により受験するCBT(Computer Based Testing)により実施され、試験結果は点数で表示されるスコア方式が採用されています。

試験時間は、90分。四肢択一式で、120問出題されます。

スコアは800点満点で、A,B,Cのグレードで評価されます。

試験科目

技術要素、開発技術、管理技術の分野から出題されます。

申込み期間

随時受付されています。

試験日

随時実施されています。

受験料

15,750円(税込)

参照:社団法人組込みシステム技術協会(ETEC)

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る