CGクリエイター検定の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

CGクリエイター検定について

CGクリエイター検定とは、今、さまざまな分野で利用されているコンピューターグラフィックスの技能やCGデザイナー、CGアニメーターとしての能力を評価するための民間資格です。

コンピュータが我々の生活の中心になっている現代において、CGはますます活用されているジャンルが広がってきております。

ゲーム、科学技術、デザインをはじめあらゆるところでCGが利用されており、これからますます、CGの重要性は増していくことが予想されます。

様々なコンピュータに関する資格の中でも、最先端の技術の一つであり、今最も注目されているものということができると思います。

ほんとうに将来性のある資格だと思いますので、おすすめです。

CGクリエイター検定は、3級、2級、1級が設置されています。

映画、アニメーション、CM、ゲーム、ミュージックビデオなどの分野で活躍しようと思っている方は、受験してきましょう。

CGクリエイター検定の概要

【CGクリエイター検定概要】

受験資格

3、2級は、受験制限は特にありません。誰でも受験することができます。

1級については、ディジタル映像部門2級合格者でないと受験することができません。

試験内容

〜3級〜

1、CGの歴史と特性、CGの産業分野での利用についての知識。
2、3次元CGを制作するうえで必要とされる基礎的な知識。
3、3次元CGによる静止画の制作手順、制作手法の知識。
4、ディジタルの基礎知識、システムソフトとアプリケーションソフト、CG制作ソフト、入出力装置、作品の出力についての基礎知識。
5、知的財産権に関する基本的な考え方と、著作権についての知識。

〜2級〜

1、写真撮影の基礎的な表現手法と知識。ライティングについての知識。
2、動画撮影のカメラワーク、映像の表現手法、演出手法についての知識。
3、編集の基礎的な知識。編集による表現手法についての知識。
4、モデリングの基礎知識。モデリング時に考慮するべき事柄についての知識。
5、マテリアル設定の代表的なパラメータとテクスチャの設定方法、より効果的な設定を行うための考え方についての知識。
6、各種アニメーションについての知識。
7、シーン構築における、各プロセス(レイアウト、ライティング、レンダリング、合成)の基本的な知識と技術についての知識。
8、作品ジャンルごとの映像制作工程についての知識。
9、映像制作に必要な技術的側面(機材、ソフトウェア、規格)についての知識。
10、論理的な記述による形態生成の手法である、数理造形の基本的な考え方と生成された作品についての知識。
11、知的財産権に関する基本的な考え方と、著作権についての知識。

〜1級〜

3次元CGと映像制作に関する専門的な理解と、その知識を応用して、制作現場で3次元CGのモデリングやアニメーション、シーン構築などの業務を行う能力を測ります。

1次試験

専門知識の応用とディジタル映像制作における問題解決。
複数問題から選択解答。

2次試験

課題に基づいたディジタル映像の制作

試験日

例年7月と11月の年2回実施されます。

※参考として、2008年度の実施日は以下のとおりです。

〜前期〜

検定日:7月13日(日)
出願期間:4月2日〜5月21日

〜後期〜

検定日:11月30日(日)
出願期間:9月2日〜10月15日

受験料

3級:4,500円

2級:5,500円

1級
一次:7,500円
二次:7,500円

参照:CG-ARTS協会

CGクリエイター検定おすすめのスクール

CGクリエイター検定に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

CGクリエイター検定おすすめのスクール!
デジハリ バナー

デジタルハリウッド

デザイン系では、圧倒的な実績を誇る専門学校です。しっかりとした、デザイン技術やコンピュータグラフィック技術を身につけることができる実績のある大手の専門学校です。

資料請求はこちら!

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る