CAD利用技術者試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

CAD利用技術者試験について

CAD利用技術者試験とは、DACの操作能力の向上を図るために設置された民間資格です。

CAD(キャド)とは、Compyuter Aided Design systemの略称で、コンピュータによる設計・製図をする装置のことをいいます。

現代において、CADは建築・設計や機械の部品の設計などの非常に広いジャンルにわたって導入されており、CADを扱うことができる能力を持った人の需要は高くなっています。

最近では、女性の受験者も増えており、人気のある資格です。

CAD利用技術者試験は、基礎と2級と1級が設置されております。1級は、建築・機械・トレースの3種類に分かれています。

CAD利用技術者試験の概要

【CAD利用技術者試験概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

基礎:特にありません。

2級:受験制限はありません。誰でも受験することができます。

1級:2級に合格していることが必要です。

試験内容

多肢選択式の試験と、筆記試験によって実施されます。

1級は、さらに実技試験が実施されます。

試験科目

CADシステムの基礎理解、製図の知識、その他の関連知識が出題されます。

申込み期間

例年、以下の期間に受付されています。

3月中旬から約1ヶ月間と8月中旬から約1ヶ月間。

試験日

例年以下の期日に実施されています。

例年6月の中旬と11月の中旬の年に2回。

受験料

基礎:4,000円

2級:5,500円

1級:15,000円(建築・機械・トレース全て同じ料金)

※1級併願(建築、機械、トレースのうちいずれかを選択)の場合は8,500円(消費税込み)となります。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る