アプリケーションエンジニア試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キング

資格一覧へ戻る > 国家資格一覧 > IT資格/パソコン資格一覧 > あ行資格一覧 > アプリケーションエンジニア試験(廃止)

アプリケーションエンジニア試験(廃止)について

アプリケーションエンジニアとは、システム利用者の要求にできる限り応えるためのシステムを作るために、枠組みの設定や開発を行うことを主な業務とする者になるためのIT資格です。

現代では、コンピューター技術が発達してきており、今まで人間の手でやってきたことが、高度なアプリケーションを開発することにより、自動化することができるようになりました。

これにより、大幅なコスト削減をすることができるようになり、これからますます、自動化されていく分野が広がっていくことが予想されます。

それにともなって、利用者の要求もより高度なものになってくるので、それにしっかりと応えられるだけの技術が要求されることになります。

高度な専門的知識と技術が要求されますが、需要もますます高まっていくであろうことが予想されますので、価値のある資格だと思います。

※アプリケーションエンジニア試験は、平成21年度以降は廃止され、システムアーキテクト試験という名称に変更され実施されています。

アプリケーションエンジニア試験(廃止)の概要

【アプリケーションエンジニア試験(廃止)概要】

受験資格

受験制限は特にありません。誰でも受験することができます。

試験内容

試験は、午前と午後に実施されます。午前は、知識を問う問題。午後は、応用能力と実技能力を問う問題が出題されます。

4択のマークシート方式と、記述式、論文式で実施されます。

試験科目

コンピュータシステム、システムの開発と運用、セキュリティと標準化、情報化と経営が出題されます。

申込み期間

例年以下の期日に実施されています。

7月中旬から約1か月間。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

10月第3日曜日。

合格発表日

例年以下の期日に合格発表されます。

試験実施の約2か月後。

受験料

5,100円

試験形式と試験時間

【午前】

9:30〜11:10(100分)

多肢選択式(四肢択一)
55問出題して55問解答
(AN、PMと共通問題)

【午後I】

12:10〜13:40(90分)

4問出題して3問解答

【午後II】

14:10〜16:10(120分)

論述式(小論文)
3問出題して1問解答

※平成17年度から試験の方式が変更されていますのでご注意ください。主な変更点は、以下のとおりです。

  1. 平成17年度から午前試験の出題数を50問から55問に変更
  2. 平成17年度から午前試験の試験時間を90分から100分に変更
  3. 平成17年度から昼休憩時間を90分から60分に変更

参照:独立行政法人情報処理推進機構

アプリケーションエンジニア試験(廃止)についてのコメント

アプリケーションエンジニア試験(廃止)について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

アプリケーションエンジニア試験(廃止)に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

資格一覧へ戻る > 国家資格一覧 > IT資格/パソコン資格一覧 > あ行資格一覧 > アプリケーションエンジニア試験(廃止)

ページの上に戻る