獣医師試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

獣医師試験について

獣医師(医者)試験とは、医師試験とは少し異なり、犬、猫、馬、豚などの動物やペットの診療を行ったり、公衆衛生面での指導、野生動物の保護、希少動物の保護、などを主な仕事とします。

その他にも、国家公務員や地方公務員、農業団体、企業などでも活躍することができ、非常に幅の広い職業ということができます。

また、獣医師として独立開業することもできますので、自分の好きな道を選択することができるでしょう。

最近では、ペットを飼う人が増えてきており、その分獣医師の仕事も増えてきており、これから、ますます、必要とされる職業になっていくのではないかと考えられます。

動物やペットが好きな人に、最適な職業の一つでしょう。ただ、やはり、医師と同じで、動物の命を左右する仕事であるため、高度な専門的能力が必要とされるので、かなり難関の試験になっています。

獣医師試験の概要

【獣医師試験概要】

受験資格

大学において獣医学の正規の過程を修めて卒業した者、などの制限があります。

試験内容

動物の診療上必要な獣医学や、公衆衛生に関する知識など。

マークシート方式で、学説180問、実地100問、が出題されているようです。

合格基準

合否判定基準は、問題の難易等を補正して算出した総合点の60%を取得すれば合格となります。

合格率は、8〜9割くらいなので、大学の医学などに入学してしまえば、医師試験自体はほとんどの人が合格できるようです。

したがって、大学医学部の入試が一番の難関のようです。

試験日

例年3月上旬の2日間

※平成19年度は、3月1日、3月2日に実施されました。

受験料

13,900円

〜平成19年度の獣医師試験結果〜

受験者数 合格者数 合格率
1,037人

949人

91,5%
209人 108人 51,7%
4人

2人

50%
1,250人

1,059人

84,7%

参照:農林水産省

獣医師試験についてのコメント

獣医師試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

獣医師試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

1件

HN(ハンドルネーム):リットン調査団 | 2017年7月27日4:28:30

 私が獣医師国家資格を取得するに至った理由は、将来動物に関わる仕事につきたいと言う単純なものでした。基本的に獣医師国家試験を受けるためには6年生の獣医大学を卒業していることが条件になりますが、一番難しいのはこの大学に入ると言うところだと思います。なぜなら獣医師国家試験の合格率は、大学にもよりますが、基本的に80%以上だからです。
 ただこの数字に含まれていないのが、私立大学で4年または5年生時に行われる足切り試験です。この試験に合格できないと卒業ができないので、必然的に国家試験を受けることができなくなります。

 大学の費用は国立で年間110万、私立で300万前後だと思いますが、基本的に需要の少ない獣医学科の教科書は値段が高いため、一学期で教科書代として10万を超えることもあります。そのため、奨学金を借りている生徒も多いです。

 獣医大学には一浪して入ってくる人が最も多いですが、私の場合は高校の成績が良かったためセンター試験と面接のみで入ることができました。正直高校の時は塾にも通っていませんでしたが、通信教育のZ会をやっていましたね。予備校で一年しっかりと勉強してくる猛者と競うことになるので、高校時代から真面目に勉強に取り組むことが必要だと思います。

 このように獣医師国家試験を取るのは、時間と根気がかかると思いますが、就職は圧倒的に有利です。年間新卒の獣医師は約3000人しかいないため、場所を選ばなければまず就職に漏れることはありません。
 小動物臨床獣医師の新卒給料は21~30万。公務員は初任給はもっと低いですが、北海道や四国などの地方では40代まで募集していることが多く、仕事に困ることはまずないことが特徴的です。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る