診療報酬請求事務能力認定試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キング

資格一覧へ戻る > 民間資格一覧 > 医療系資格一覧 > さ行資格一覧 > 診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務能力認定試験について

次回の試験日は《2017年7月9日 (予想)》です。残り102日です。

診療報酬請求事務能力認定試験のイメージ画像

診療報酬請求事務能力認定は、医療事務として就職・転職する時にも実際の業務でも大変役立つ資格です。

診療報酬請求事務能力認定試験とは、病院や診療所などの医療機関での診察報酬請求の事務に、特に点数計算に関する知識・能力を有するかどうかを試すための資格試験で、医療事務の資格の1つで民間資格とされています。

画像診断、手術、検査など医療の高度化とともに、診療報酬請求の事務量は年々増大し、請求事務を扱う人材の確保・育成が急務とされ養成されています。

この試験は、これらの従事者の資質の向上を図るために実施されている全国一斉統一試験で、医科と歯科に分かれて行われています。

この診療報酬請求事務能力認定は、医療事務の資格の中でも最も重要な資格の1つであり、最も難易度の高い資格試験だと言われています。

診療報酬の点数計算は、特殊な知識とスキルが必要なため、この資格を取得しておくことで、就職や転職の際にかなり有利になります。

また、そのあと病院や診療所などの医療機関で実際に仕事をする時にもすぐに役立ちます。

医療事務の仕事がしたい人は、必ず取得しておいて欲しい資格です。

診療報酬請求事務能力認定試験の概要

【診療報酬請求事務能力認定試験概要】

受験資格

受験制限は特にありません。誰でも受験することができます。

試験内容

筆記試験と実技試験によって実施されています。

制限時間は3時間です。

試験科目

「診療報酬請求事務能力認定試験ガイドライン」に則り、以下の範囲から出題されます。

  1. 医療保険制度等・公費負担医療制度の概要
  2. 保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識
  3. 診療報酬等・薬価基準・材料価格基準の基礎知識
  4. 医療用語及び医学・薬学の基礎知識
  5. 医療関係法規の基礎知識
  6. 介護保険制度の概要
申込み期間

毎年異なりますが、だいたい受験日の45日〜75日くらい前が申し込み受付期間とされています。

試験日

年2回(7月、12月)の日曜日または祝日に実施されています。

試験地

以下の場所で実施されています。

札幌市、仙台市、さいたま市、千葉市、東京都、横浜市、新潟市、金沢市、静岡市、名古屋市、大阪府、岡山市、広島市、高松市、福岡市、熊本市及び那覇市

受験料

7,500円

問合せ先

(公財)日本医療保険事務協会
〒101-0047 東京都千代田区内神田2-5-3 児谷ビル
電話 03(3252)3811(代) FAX 03(3252)2233

参照:公益財団法人日本医療保険事務協会

診療報酬請求事務能力認定試験おすすめのスクール

診療報酬請求事務能力認定試験に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

診療報酬請求事務能力認定試験おすすめのスクール!
ヒューマンバナー

ヒューマン(通学)

ヒューマンの医療事務講座は医療事務資格の中で最も役立ち有利になる診療報酬請求事務能力認定に対応しているのでオススメです。通学の人はこちら。

ヒューマンで無料資料請求する!

ヒューマンバナー

ヒューマン(通信)

ヒューマンの医療事務講座は医療事務資格の中で最も役立ち有利になる診療報酬請求事務能力認定に対応しているのでオススメです。通学する時間の無い人はこちらの通信講座「たのまな」がおすすめ。

ヒューマンで無料資料請求する!

ユーキャン資料請求

ユーキャン

自分のペースでゆっくり自宅で勉強したい人にはおすすめです。ユーキャンは通信教育で信頼と実績がありますが、診療報酬請求事務能力認定試験には対応していないので注意です。

無料資料請求はこちら

このページを見ている人はこんなページも見ています。

診療報酬請求事務能力認定試験おすすめのテキスト・問題集

診療報酬請求事務能力認定試験についてのコメント

診療報酬請求事務能力認定試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

診療報酬請求事務能力認定試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

1件

HN(ハンドルネーム):青空 | 2017年3月26日1:45:02

今から12年前、初めて就職した薬局を辞めました。そして、ずっと憧れていた医療事務の資格を取得しようと、勇気を振り絞り、スクールに通い始めました。

働きながらも通えるスクールだった為、週に一、二回しか通わなくてよかったですが、このペースで本当に資格が取れるのか不安でした。

スクールが資格取得を目指しましょうといっていた資格が、「医療秘書2級」と「診療報酬請求事務能力認定試験」
どちらも、あまり合格率が高いとはいえない資格…。
でも通信講座では、確実に甘えが出て諦めそうな自分が見えていたので、自分に負けないようにスクールに通いました。

どちらの資格の授業も、週に一度3時間が基本のスケジュール。
私は、並行してWordとExcelの資格を取得するために、並行して学習していました。学生時代に取得してはいましたが…。
クラスには15名ぐらいなので、質問などはしやすい環境でした。
しかし、初めて聞く用語が多く、法律の事など、勉強の範囲が広くて、なかなか大変でした。
なんとか、半年かけて通い、ついに資格試験の日。大学で行われたので、緊張感倍増でした。
医療事務の試験は持ち込みなので、何がどの辺りに書いてあるか覚えていれば、大丈夫な事も多かったです。

合格発表まで2か月弱あったので、私は短期の事務の仕事をしていました。
ネットで合格発表があるので、職場でドキドキしながら、確認しました。

なんとか合格!!
自分の名前を見つけた時は、声を出して喜びたかったですが、職場なので控えました。

それから、すぐに転職!した訳ではなく…。短期の仕事つもりが3年勤務していました。
このままでは意味がない!と思い、資格取得から4年近くたって、転職を決意!
しかし、2年に1度ある医療事務の点数改正が、2度もあったあとで、実務経験もない私。
求人を見ても、実務経験のある方が優遇と記載され、落ち込んでいました…。
だけど、私が働いてみたい!と思えるクリニックは、資格重視の所だったので応募して面接していただいて、採用していただきました!
その時は、頑張って資格を取得して良かったと思いました。
今もそのクリニックで働いています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

資格一覧へ戻る > 民間資格一覧 > 医療系資格一覧 > さ行資格一覧 > 診療報酬請求事務能力認定試験

ページの上に戻る