手話通訳士試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

手話通訳士試験について

手話通訳士試験とは、手話通訳に関する能力を有するかどうかを試すための資格試験で、公的資格とされています。

聴覚に障害をもつ人々にとって、意思伝達の貴重な手段として手話は非常に大事であり生活に欠かせないものです。

しかし、誰でも手話ができるわけではなくかなりの練習と教育を受ける必要があります。

だからこそ手話通訳士は、健聴者との橋渡しをする重要な役割を担っており社会的にも大事な役割を担うことになります。。

この試験では、専門的知識と技能が厚生労働大臣の設けている水準に達しているかどうか試されます。

手話通訳士試験の概要

【手話通訳士試験概要】

受験資格

以下の受験制限がありあます。

1次試験日現在、20歳以上である者。

※受験資格ではないが、手話通訳経験が少なくとも3年程度は必要。

試験内容

筆記試験と実技によって実施されています。

試験科目

〜1次〜 筆記試験

1、障害者福祉の基礎知識
2、聴覚障害者に関する基礎知識
3、手話通訳のあり方
4、国語
5、手話の基礎知識

※前回および前々回の手話通訳士試験の1次合格者は、本人の申請により1次は免除されます。

〜2次〜 実技(1次合格者のみ)

1、聞き取り(手話への)通訳
2、読み取り(口頭)通訳
3、読み取り(筆記)通訳

※講演、相談、医療、文化活動などの模擬場面を録音したテープレコーダーのことばを聞いて手話通訳する方法と、モニターテレビで提示される手話を読み取る方法で行われます。

申込み期間

例年、6月上旬〜7月下旬に受付されます。

試験日

例年以下の期日に実施されます。

1次:9月下旬

2次:11月下旬

受験料

18,000円(税込)

参照:社会福祉法人聴力障害者情報文化センター手話試験部

手話通訳士試験についてのコメント

手話通訳士試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

手話通訳士試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

手話通訳士試験おすすめのスクール

手話通訳士試験に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

手話通訳士試験おすすめのスクール!
ケイコとマナブ資料請求・体験レッスン

ケイコとマナブ

約80,000件の講座・レッスン情報が掲載されています。週末だけのレッスンなど、あなたにぴったりのスクールが見つかるはず。
無料の資料請求や体験レッスンはこちら

福祉資格の専門学校シカトル

シカトル

介護・医療・福祉系専門の資格情報サイトです。シカトルから福祉系の資格スクールを探すことができそのまま無料資料請求することができます。
資料請求はこちら

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る