赤十字救急法救急員試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

赤十字救急法救急員試験について

赤十字救急法救急員とは、事故などの緊急事態に応急措置をする方法などに関する知識・能力を有するかどうかを試すための資格試験で、民間資格とされています。

日本赤十字社が行っている講習を受講し、修了後の検定に合格すると資格を取得することができます。

けがや急病の手当、心配蘇生法(気道確保・人工呼吸・心臓マッサージ)等、講習は多岐にわたり行われており、資格を取得した後は、活躍の場が非常に広いものとなっています。

有資格者はさまざまなボランティア活動を通じて社会に貢献しており、有意義で価値のある資格ということができるでしょう。

赤十字救急法救急員試験の概要

【赤十字救急法救急員試験概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

救急員養成講習:満15歳以上の者

一般講習:満15歳以上の者

指導員養成講習:満20歳以上で、現に有効な救急法救急員認定証を有している者。

試験内容

筆記試験によって実施されます。

試験科目

〜救急員養成講習〜18時間

1、赤十字救急法について
2、心肺蘇生法
3、きずと止血
4、包帯
5、骨折、脱臼、捻挫など
6、急病
7、搬送
8、救護

※全日程参加者に受講証を交付。検定に合格した者に救急法救急員認定証を交付する。(有効期間は3年)

〜一般講習〜5時間

1、赤十字救急法について
2、心肺蘇生法
3、きずと止血

〜指導員養成講習〜30時間

日本赤十字社のボランティアとして、救急法救急員養成講習などの指導にあたる人材を養成するものである。

1、赤十字について
2、赤十字救急法講習について
3、指導員の役割について
4、指導法

申込み期間

日本赤十字社各都道府県支部ごとに計画・実施のため、講習会ごとに異なりますので各自でお問合せください。

【申込方法】

日本赤十字各都道府県支部へ申し込み方法を問い合わせる。

※地域、団体、各種事業所、学校などで会場および受講者(30名程度)を準備すれば、日本赤十字社各支部が指導員を派遣し、共催で講習会を開催することもできる。

試験日

例年以下の期日に実施されています。

9月と3月の年2回。

受験料

無料。

参照:日本赤十字社

赤十字救急法救急員試験についてのコメント

赤十字救急法救急員試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

赤十字救急法救急員試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る