医療秘書技能検定の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キング

医療秘書技能検定について

医療秘書技能検定とは、病院や医者の秘書に関する知識・能力を有するかどうかを試すための資格試験で、民間資格とされています。

医療機関などで保険診療の明細書を作成したり、病院の窓口会計などをおもな業務とするのが医療秘書であり、医療の現場に必要不可欠な存在とされています。

医療秘書技能検定は、医療秘書教育全国協議会が実施している試験で、合格者は医学・医療の基礎知識と医療現場の専門的な事務を処理する技能をもつと認められる。

医療秘書の資格を持っている人は、結婚・出産後にひと段落した後、専門的知識を活かして医療機関で再度働くということが多いようです。

医療秘書技能検定の概要

【医療秘書技能検定概要】

受験資格

受験制限は特にありません。誰でも受験することができます。

レベル

〜3級〜

それぞれの領域について、基礎的知識と技能をもち、一般的な業務を遂行することができる。

〜2級〜

それぞれの領域について、一般的な知識と技能をもち、やや複雑な業務を遂行することができる。

〜準1級〜

それぞれの領域について、専門的な知識と技能をもち、やや複雑多岐な業務を遂行することができる。

〜1級〜

それぞれの領域について、高度な知識と技能をもち、複雑多岐な業務を専門的に遂行することができる。

試験内容

3・2・準1・1級とも医療秘書としての資質、職務知識などが問われる。

以下の3つの領域から出題されるが、内容と要求される程度は次のとおり。

領域1:医療秘書実務、医療機関の組織・運営、医療関連法規
領域2:医学的基礎知識、医療関連知識
領域3:医療事務

※領域3は点数表(年度版指定あり)を必ず持参。ノート・参考書の持ち込みは自由。

合格基準

合格基準:領域1・2・3に各100点ずつ配点されている。この3つの領域の正解の合計が全体で300点中180点以上あり、各領域の正解が60%以上のとき合格となる。

申込み期間

例年以下の期日に受付されています。

4月中旬〜5月中旬と9月中旬〜10月中旬の年2回受付されています。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

6月中旬と11月中旬の年2回実施されています。

受験料

3級:2,800円

2級:3,800円

準1級:4,500円

1級:5,100円(各税込)

参照:医療秘書教育全国協議会

医療秘書技能検定についてのコメント

医療秘書技能検定について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

医療秘書技能検定に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

医療秘書技能検定おすすめのスクール

医療秘書技能検定に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

医療秘書技能検定おすすめのスクール!
ヒューマンバナー

ヒューマン(通学)

ヒューマンの医療事務講座は医療事務資格の中で最も役立ち有利になる診療報酬請求事務能力認定に対応しているのでオススメです。通学の人はこちら。

ヒューマンで無料資料請求する!

ユーキャン資料請求

ユーキャン

自分のペースでゆっくり自宅で勉強したい人にはおすすめです。ユーキャンは通信教育で信頼と実績がありますが、診療報酬請求事務能力認定試験には対応していないので注意です。

無料資料請求はこちら

このページを見ている人はこんなページも見ています。

医療秘書技能検定おすすめのテキスト・問題集

医療秘書技能検定に合格するために役に立つおすすめのテキストや問題集を紹介しています。

  1. 医療秘書技能検定 実問題集2級
  2. 医療秘書技能検定 実問題集3級
  3. 医療秘書技能検定実問題集2級

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る