福祉用具専門相談員の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

福祉用具専門相談員について

著者文字実のプロフィール写真この記事は、文字実が執筆しました。

介護保険制度においては福祉用具の貸与が保険給付の対象になっていることから、福祉用具を取り扱うためには事業者として都道府県知事の指定を受ける必要があります。

また、指定を受けるためには福祉用具に関する専門の相談員を2名配置する必要があります。

その専門員が福祉用具専門相談員です。

福祉用具専門相談員は、厚生労働省大臣が指定する講習会を受講した人に資格が与えられています。

これからの高齢化社会において、極めて重要な役割となってきますので、将来性のある、すばらしい資格です。

【取得方法】

厚生労働省が指定する、40時間の講習過程を修了すれば取得できます。

※介護福祉士・義肢装具士・保健婦・保健士・看護師・准看護師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士等の有資格者も取得することができます。

福祉用具専門相談員の概要

受験資格

受験制限は特にありません。誰でも受験することができます。

試験科目

  1. 老人保健福祉に関する基礎知識
  2. 介護と福祉用具に関する知識
  3. 関連領域に関する基礎知識
  4. 福祉用具の活用に関する実習

参照:厚生労働省

福祉用具専門相談員についてのコメント

福祉用具専門相談員について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

福祉用具専門相談員に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

人手不足のWEB業界に経験無しからチャレンジ

WEB業界へ転職して年収を上げる

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

人手不足でまだまだ需要のあるWEB業界に経験無しでもチャレンジできます。

ページの上に戻る