ケアクラークの解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

ケアクラークについて

ケアクラークとは、介護の事務専門職のことをいい、公的な性質の強い資格です。

介護保険制度下で不可欠となる介護事務職の養成を促進するために誕生しました。

技能の向上と平準化を図るとともにその普及拡大のため、ケアクラーク技能認定試験が日本医療教育財団により実施されています。

ケアクラークは介護報酬請求事務などの日常的な事務処理や窓口業務だけでなく、介護保険関連の制度・運営など仕事をするうえで幅広い知識が必要となります。

ケアクラーク技能認定試験は、介護事務の専門家として必要な知識と技能のレベルを評価・認定する試験で、合格すると介護事務業務だけでなく、コミュニケーションや社会福祉、介護技術などの基本的な知識と技能にも優れた人材として認定されます。

超高齢化が進む中、ケアクラークは円滑できめ細やかな介護福祉サービスに貢献できる介護事務のエキスパートといえるでしょう。

ケアクラークの概要

【ケアクラーク概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

1、介護事務職として6ヵ月以上の実務経験を有すること。

2、ケアクラーク技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者。

※1、2いずれかに該当していればよい。

試験内容

介護事務一般知識についての択一式の試験と介護報酬請求事務についての実技試験で実施されています。

択一式試験:25問 50分

実技試験:2問60分

試験科目

〜択一式試験〜

  1. 人間関係(コミュニケーション)
  2. 老人・障害者の心理
  3. 社会福祉
  4. 老人福祉
  5. 地域福祉
  6. 社会福祉援助技術
  7. 介護概論
  8. 介護技術・障害形態別介護技術
  9. リハビリテーション
  10. 医学一般
  11. 介護保険制度
  12. 介護事務業務

〜実技試験〜

介護給付費明細書作成

合格基準

学科試験および実技試験の各々の正解率が70%以上が合格となります。

申込み期間

所定の受験申込書を請求し、当該試験日の2ヵ月前より、当該試験日の2週間前までが受付期間とされています。

試験日

例年以下の期日に実施されています。

4月、6月、8月、10月、12月、2月の年6回。

試験地

各都道府県内の公共施設などで実施されています。

受験料

6,000円

問合せ先

(財)日本医療教育財団
〒101-0064東京都千代田区猿楽町2-2-10
TEL 03-3294-6624

参照:財団法人日本医療教育財団

ケアクラークについてのコメント

ケアクラークについて詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

ケアクラークに興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る