IMF(国際通貨基金)専門職員の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キング

資格一覧へ戻る > 公的資格一覧 > 語学/国際系資格一覧 > A〜Z行資格一覧 > IMF(国際通貨基金)専門職員

IMF(国際通貨基金)専門職員について

IMF(国際通貨基金)専門職員とは、国際的な経済の安定化を図る専門家として認められる公的な資格です。

加盟国が通貨に関して協力し、為替相場の安定を促進することにより国際金融秩序を維持し、また為替制限を撤廃することによって世界貿易の拡大をはかり、もって経済成長を促進させるということがIMFの目的とされています。

IMFは国際通貨体制の安定化を図る国際金融機関で、加盟国に必要な資金を貸し付けたり、金融政策の助言をするなど、国際収支の均衡化や途上国の累積債務の解消などに努めています

IMF専門職員は国際的視点で、経済や金融、財政の調査・分析にあたるのが主な仕事となります。

IMF(国際通貨基金)専門職員の概要

【IMF(国際通貨基金)専門職員概要】

受験資格

採用制度には主に次の2つの制度がある。英語が公用語なので、専門的な議論ができ、分析レポートが書ける程度に英語が堪能であることが必須条件となる。

合格者はいずれも2〜3年の期限つきで採用され、その後通常、一般職員に採用される。

〜エコノミスト・プログラム〜

大学院修了のエコノミストが対象の採用プログラムで、受検資格は以下の条件を満たす者。

  1. 年齢33歳未満の者
  2. 大学院でマクロ経済学ないし関連分野専攻博士課程修了者
  3. マクロ経済学・経済学関連分野の修士号取得後、若干の就業経験のある者

〜ミッドキャリア・エコノミスト〜
中堅の経験豊富なエコノミストが対象。研究機関、官公庁、中央銀行、その他金融・財政・貿易を取り扱う機関においてマクロ経済に関連した就業経験が5〜10年ある者。

※上記のほかに公認会計士、国際金融制度に精通した弁護士、コンピュータシステム技師などの専門知識を有する者も募集する。

試験日

随時実施されています。

参照:国際通貨基金アジア太平洋地域事務所

IMF(国際通貨基金)専門職員についてのコメント

IMF(国際通貨基金)専門職員について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

IMF(国際通貨基金)専門職員に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

IMF(国際通貨基金)専門職員おすすめのスクール

IMF(国際通貨基金)専門職員に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

IMF(国際通貨基金)専門職員おすすめのスクール!
レアジョブ

オンライン英会話のレアジョブ

25分129円からの超格安のオンライン英会話。スカイプを使ってパソコンがあれば、いつでもどこでも格安でマンツーマンの英会話の授業を受けることができます。

2回の無料レッスン受付中

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

資格一覧へ戻る > 公的資格一覧 > 語学/国際系資格一覧 > A〜Z行資格一覧 > IMF(国際通貨基金)専門職員

ページの上に戻る