貿易実務検定試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

貿易実務検定試験について

貿易実務検定試験とは、貿易に関するエキスパートになるための試験です。

貿易実務を行うには、輸送機関に関わる知識、通関・外国為替・海上保険の知識、語学力など幅広い知識とスキルが必要とされる。

貿易実務のエキスパートとしての能力・知識をはかる資格で、A級〜C級のほかに2002年から、「グローバルビジネス法務C級」が新設されています。

貿易の自由化はこれからますます加速していきますので、貿易実務のスペシャリストの活躍の場はこれから広がっていくと思われます。

貿易実務検定試験の概要

【貿易実務検定試験概要】

受験資格

受験制限は、特にありません。誰でも受験することができます。

レベル

〜C級〜

定型業務をこなすために必要な知識がある、実務経験1〜3年のレベル
1、貿易実務
2、貿易実務英語

〜B級〜

貿易実務経験者の中堅層が対象で、実務経験1〜3年以上のレベル 
1、貿易実務・貿易マーケティング
2、貿易実務英語

〜準A級〜

貿易実務の一般的な判断業務ができる、実務経験2〜4年のレベル
1、貿易実務(貿易書類の作成含む)
2、貿易実務英語
3、貿易マーケティング

〜A級〜

貿易実務において判断業務ができる、実務経験3〜5年以上のレベル
1、貿易実務
2、貿易実務英語
3、貿易マーケティング

〜グローバルビジネス法務C級〜

海外投資、技術提携などの法知識および英文契約書の読解能力などの基礎的な知識を問うもの、実務経験1〜3年のレベル
1、グローバルビジネス法務
2、英文ビジネス契約書の知識および実務

試験内容

マークシート方式と記述式によって実施されています。

申込み期間

例年以下の期間に受付されています。

〜C・B級〜

1月上旬〜2月中旬  5月中旬〜6月中旬  10月上旬〜11月中旬

〜準A級〜

10月上旬〜11月中旬  

〜A級〜

1月下旬〜2月中旬

〜グローバルビジネス法務C級〜

5月中旬〜6月中旬

試験日

例年以下の期日に実施されています。

〜C・B級〜

3月上旬、7月上旬、12月上旬

〜準A級〜

12月上旬

〜A級〜

3月上旬

〜グローバルビジネス法務C級〜

7月上旬

試験地

東京、横浜、埼玉、千葉、名古屋、大阪、広島、福岡、沖縄の全国9つの会場で実施されています。

受験料

C級:5,700円

B級:6,800円

準A級:7,800円

A級:9,500円

グローバルビジネス法務C級:6,300円(各税込)

【貿易実務検定の全体図】

貿易実務検定の全体図

参照:日本貿易実務検定協会事務局

貿易実務検定試験についてのコメント

貿易実務検定試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

貿易実務検定試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る