工事担任者試験の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

工事担任者試験について

工事担任者試験とは、工事担任者の資格を取得するための試験です。

科学技術の発達した現代においては、さまざまな設備も発達しており、専門の技術者が必要となってきております。

工事担任者の資格は、端末設備などを電気設備に接続する際に必要になってくる資格です。

ITの急激な発達と、これからもますます発達するであろうことが予想される現代において、ネットワークと情報通信端末が融合してきます。

そんな時代だからこそ、工事担任者の資格はますます需要が増えてくることが予想されます。

工事担任者の資格は、ITの発達に伴い高度な技術が要求される資格になっていくでしょう。

工事担任者試験の概要

【工事担任者試験概要】

受験資格

受験制限は特にありません。誰でも受験することができます。

試験内容

電気工学の基礎や電気通信の基礎が出題されます。

申込み期間

例年、2月上旬からと、8月上旬からに受付が始まります。

試験日

例年、5月下旬と11月下旬の年2回実施されます。

受験料

8,700円

※コンビニ払い込みによる場合は、払い込み手数料126円がかかりますので、合計金額が8,826円になります。

【工事担任者の試験場所】

支部名 試験地

センター

東京、小山、甲府、埼玉、町田

北海道

札幌、旭川

東北 仙台、秋田、盛岡、郡山
信越 長野、新潟
北陸 金沢、富山
東海 名古屋、静岡、津
近畿 大阪、神戸、京都
中国 広島、米子、岡山、周南
四国 松山、高松、徳島
九州 熊本、福岡、宮崎、大村、鹿児島
沖縄 那覇

参照:財団法人日本データ通信協会

工事担任者試験についてのコメント

工事担任者試験について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

工事担任者試験に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る