コミュニティ障害(コミュ障)のある人にプログラマーは天職

資格一覧へ戻る資格の特集記事一覧 > 人付き合いが苦手な人にプログラマーの仕事がおすすめの理由(医学的根拠有り)

職場の人付き合いのストレスから解放されよう!

学歴無し・職歴無しでも大丈夫。短期集中でプログラミングを学んで自由なワークスタイルを手に入れる。

2018年5月31日

↓↓未経験から月額12,800円で人生を変えられるプログラミングスクール↓↓

職場での人間関係で困っている人へ。あなたは悪くない!

プログラマーの仕事のイメージ画像

学歴、職歴、年齢は関係無い。プログラマーなら今からでも人間関係のストレスが無い働き方が手に入る。

たくさんの職場で色々な仕事をしてきたけど、どうしても人間関係がうまくいかなくて退職を繰り返してしまう人がいます。

人によって理由は違うと思いますが、もしあなたが以下のどれか1つでも当てはまれば、ぜひ最後までこの記事を読んで欲しいです。

  1. 対人関係やコミュニケーションが苦手な人(いわゆるコミュ障)
  2. 注意散漫で落ち着きがなくてミスばかりしてし上司や同僚から嫌われてしまう人
  3. 仕事を覚えるのが苦手だったり不器用で仕事がうまく進められず周りに迷惑をかけてしまう人
  4. 複数の仕事を同時並行で進めることが難しい
  5. 何か特定の物事に強いこだわりを持ってします事がある
  6. 周囲の音がうるさくて仕事に集中できないことがある

こういう特徴がある人は、周囲と協力して仕事をしたりコミュニケーションを取る事が難しい場合が多いでしょう。

このように人付き合いが苦手と言ってもいろんなパターンがありますが、まず分かって欲しいのは、それは決して全ての原因があなたにあるわけでは無いという事です。

最近になってようやく世間的にも認知されてきましたが、子供の特徴として発達障害というのがあります。

「障害」という言葉が使われているので病気のように聞こえて印象が悪いのですが、私の個人的な意見としては発達障害は病気ではなく、その人の個性・特徴・性格の1つだと思います。

子供の時に、その個性に気づいてもらえずに、欠点ばかりに目を向けられて理不尽に責められ、そのまま大人になってしまうということが多く、その場合に先ほどのような理由で人付き合いが苦手という特徴が目立ってしまうのです。

ただ、これは1つの側面から見た特徴であって、多くの場合そういう人は、普通の人が持っていない強力な長所を持っていることが多いのです。

多いパターンとしては以下のようなものがあります。

  1. 真面目でコツコツ継続できる努力家
  2. IQが比較的高いことが多い
  3. 好き嫌いが激しいが、好きな事に関しては常人離れした知識と能力を有している
  4. 好きな事にのめり込むことができる(過集中)
  5. 普通の人が思いつかないようなユニークなアイデアを出せる

もし、あなたがこれらの1つでも当てはまることがあれば、あくまで可能性ですが大人の発達障害の傾向があるのかもしれません。

そうだとしてもそれは決して悪い事では無くて、そういう個性を持っているという事に過ぎないのです。

むしろ別の強力な長所を持っている可能性があって、あなたにとってプログラマーという職業が天職となる可能性があるのです。

プログラマーの仕事は特殊なものではなく、努力すれば誰でもできる。

プログラマーというと、理系の大学などで高度な数学など難しい勉強をしてきた人しかなれない職業と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

自分は文系出身だからとか、もう年を取っているからとか、女性だからとか全く気にする必要はありません。

やる気さえあれば学歴、職歴など無くても、半年から1年くらい勉強すればそれなりのことができるようになります。

必死で勉強すれば早い人だと数ヶ月もすれば、FacebookのようなWebサイトや、スマホのアプリやゲームなどを作ってしまいます。

もちろん、最先端の人工知能の開発などをするなら高度な数学や計算機工学の知識が必要になりますので、誰でもそのような開発ができるというわけではありません。

しかし、一般的なゲーム、Webサービス、アプリなどを作るのであれば、そのような高度な知識やスキルは必要ありませんので安心して下さい。

足し算、引き算、掛け算、割り算と最低限の論理力があれば何とかなります。

要するに他の仕事やスポーツと同じで、練習して慣れればいいだけです。

プログラマーという職業の魅力はたくさんあるのですが、最大の魅力は、働き方が多様で、自分で自由に働き方を決めることができ、かつ、高収入を得られる事です。

Microsoft、Google、Facebookなどの大企業で働く人もいるし、フリーランスとして仕事を受けて自宅で仕事をしている人もいるし、自分でWebサービスやアプリを作って稼いでいる人もいます。

大企業で働く場合はチームで動くことが多いので、やはりある程度のコミュニケーション能力は要求されます。

ただ、そうは言っても、労働時間の大部分がパソコンに向かってコードを打ち込む作業になるので、それほど高度なコミュニケーション能力は要求されません。

フリーランスとして仕事を受けたり、自分でWebサービスやスマホアプリを作る場合は、自宅や小さなシェアオフィスなどで自由に働くことができるので、コミュニケーション能力は、ほとんど必要ありません。

自由であるがゆえに自分で自分を管理しなければ収入を得ることはできませんが、プログラミングをして自分で何かモノを作って、多くの人が喜んで使ってくれるという経験をすれば、やりがいを感じ、どっぷりとプログラミングの世界にはまり込むと思います。

そうなれば、コミュニケーション能力が低い人の多くが持っている、好きな事にはとことんのめり込むという長所をいかん無く発揮して、人付き合いの面倒さに煩わされることなく、普通の人が持ってない集中力を発揮してどんどんのめり込むことができるでしょう。

人付き合いが苦手な人というのは、興味の無い事には全く関心を示さないけど、好きな事には極度に集中する(過集中)という特徴があることが多く、それがプログラマーという職業にとっては強力な武器となるのです。

少しプログラミングをかじってみて、面白そうだと感じることができれば、その特徴を最大限に発揮することができるでしょう。

発達障害の傾向があると言われている偉人たち

発明王のトーマス・エジソン、相対性理論のアルバート・アインシュタイン、マイクロソフトのビル・ゲイツ、アップルのスティーブ・ジョブズ、楽天の三木谷浩史さん等々は、発達障害の傾向があると言われています(一部自分で言っている人もいます。)。

このように常人ではできないような事を成し遂げた人は、好き嫌いが激しい、過集中、感情の起伏が激しいなどの特徴を上手く長所に変えて大成功を納めています。

これらの偉人の仕事の共通点は、発明家、学者、プログラマーなど、どちらかと言えば一人でのめり込むような仕事ですよね。

職場でどうしても人間関係が上手くいかないという人は、もしかしたら一人で黙々と何かに入り込んでいくような仕事が向いているのかもしれません。

繰り返し言いますが、決してあなたが悪いわけではなくて、そういう個性を持っているというだけの話ですので悲観する必要は全くありません。

人付き合いのストレスというのは、行き過ぎるとうつ病などの精神疾患などの原因になり、最悪の場合には取り返しのつかない事になります。

そうなる前に、一度自分の性格、個性、特徴をゆっくりと考えて、今までやってきた仕事が本当に自分に合っていたのかを考えてみるとよいでしょう。

今の時代はインターネットが世界中で繋がっているし、フリーランスとして仕事を受注できるクラウドソーシングなどのサービスもたくさんあります。

また、自分でWebサイトを作ったりアプリを作ったりして、収入を得ることも簡単にできます。

少しの努力は必要ですが、プログラミングを学べば、人付き合いのストレスから解放されて、あなたの長所を最大限に発揮し、自由なスタイルで仕事をすることができるようになります。

言うまでもない事ですが、IT業界の市場は年々拡大しており、人材が足りていないのが現状です。

プログラミングを学んでおけば、就職や転職でも圧倒的に有利になります。

【参考】IT/パソコン系の資格一覧

職場での人間関係に悩んでいる人は、ぜひ一度プログラマーという職業に目を向けてみて下さい。

今ほどプログラマーという職業が必要とされ、また、自分自身にとっても魅力的で素晴らしい仕事である時代はないでしょう。

あなたの隠れている潜在能力を最大限に発揮できる可能性がありますし、上手くいけば人間関係という大きなストレスから解放されて、自由に自分の好きな事に打ち込んで仕事ができるワークスタイルが手に入ります。

実際に、多くの人が「人生を変える人材育成テクノロジースクール」というスローガンを掲げているTECH::CAMP(テックキャンプ)というスクールを利用して、本当に働き方・人生を変えています。

TECH::CAMP(テックキャンプ)では、プログラマーとして仕事をしていく上で必要となるほとんど事を実践的に手厚いサポートを受けながら学ぶことができます。

若い学生が未経験から自分の力だけで月に50万円以上稼げるようになったとか、モデルの本業を続けながらITの仕事を副業にして成功した女性など様々な卒業生が出ています。

様々な卒業生の体験談を一度読んでみてください。自分と似ている境遇にあって参考になる人がいるかもしれません。

勇気を持ってプログラマーとして新しい世界に飛び込んで行って成功した人たちと同じように、あなたも現状に不満があるなら、勇気を持って新しい世界へ一歩踏み出してみましょう。

↓↓未経験から月額12,800円で人生を変えられるプログラミングスクール↓↓

ちなみに私は、発達障害の一種であるADHDの傾向が強い人間で人付き合いがとても苦手です。

元々は完全な文系人間でしたが、Webやプログラミングの勉強をして、今は自由に自分の好きな仕事に打ち込むことができています。

私自身、好き嫌いが激しく、人付き合いが苦手で、感情の起伏が激しい、というまさにADHDの典型的な特徴を備えた人間だからこそ、自分の経験でお伝えできることがあると思ってこの記事を書きました。

プログラミングなんて全く未知の世界でしたが、実際にやってみると思ってたよりも楽しくて、自分の感覚にぴったりと合ったのです。

自分に対する固定観念を捨てて、一度、気楽に、直感で新しい世界に足を踏み入れてみるというのは大事だと思います。

やってみて自分の感覚に合わなければ、また別のものを探せばいいだけですし、それを繰り返すことでいつか自分に合う仕事が見つかるでしょう。

[人気の記事]

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

資格一覧へ戻る資格の特集記事一覧 > 人付き合いが苦手な人にプログラマーの仕事がおすすめの理由(医学的根拠有り)

女性に人気がある資格・検定ランキング 女性に人気の資格ランキング!

ページの上に戻る