夢への成長をサポートするやりがいのある仕事が日本語教師

資格一覧へ戻る資格の特集記事一覧 > 人に教えるのが好きな人に超おすすめの仕事は日本語教師だ!日本語教育能力検定を取ろう。

日本語教師で世界に羽ばたき日本の魅力を広めよう。

学歴・資格がない人でも今から日本語教師になる方法を教えます。

2015年12月21日

↓↓ヒューマンの日本語教師養成講座は「420時間カリキュラム対応」かつ「日本語教育能力検定試験対策」も万全↓↓

今、日本語教師を目指す女性が急増中のワケ

日本語教師のイメージ画像

日本語教師は自由な働き方ができるので、子育てを終えてから社会復帰を目指す女性におすすめ。

もし、あなたが人に何か教えて喜んでもらうのが好きという人なら、日本語教師の仕事がきっと天職になるはずです。

人に教える仕事というと真っ先に思いつくのが学校の先生でしょう。

でも学校の教師として働くためには、教員免許が必要となります。今から教員免許の取得を目指すとなると膨大な時間とお金が必要となりますので、あまり現実的ではありませんよね。

でも、日本語教師なら学歴や資格が無くてもやる気さえあれば今からでも間に合います。

日本語教師の仕事は名前でイメージできると思うのですが、外国人に日本語を教える事です。

日本の文化が好きだったり、ビジネスで日本との関わりがあって日本語が必要など、様々な理由で日本語は世界中で学ばれています。

観光旅行も含めて来日する外国人の数は右肩上がりで増えており、優秀な日本語教師の数が足りていないという事態になっています。日本語学校の関係者なども「今、日本語教師は売り手市場である」と言っています。

どんな仕事でも多かれ少なかれ人の役立に立ちますし、やりがいもあるでしょう。しかし、人を教え育てる仕事というのは、人の人生に直接影響を与える仕事ですので、私はもっとも世の中で大切でやりがいのある仕事の一つだと思います。

もし、あなたが人に教える仕事を探しているのなら、それは本当に素晴らしい仕事に就こうとしているのだという事です。まずはその事に誇りを持って欲しいと思います。

今回は、「人に教えるのが好き」「人の役に立ち感謝される仕事がしたい」「やりがいの感じられる仕事がしたい」という人にはぴったりな日本語教師の仕事をご紹介します。

今から日本語教師として働くためには具体的にどのようにすればいいのか?何の資格を取れば役立つのかなども分かりやすく説明します。

やる気と情熱がある人にはきっと1つの選択肢として参考になるかと思いますので、ぜひ最後まで目を通して下さいね。

それから海外に飛び出して仕事がしたい人、英語などの語学が好きな人、日本の文化が好きな人にも日本語教師の仕事はおすすめです。その理由は最後まで読んでいただければ分かっていただけると思います。

↓↓ヒューマンの日本語教師養成講座は「420時間カリキュラム対応」かつ「日本語教育能力検定試験対策」も万全↓↓

なぜ日本語教師がおすすめなのか?

まず、人に教える仕事というのはたくさんあるのに、なぜ日本語教師がおすすめなのか?

1つは先ほど説明したように、今の段階で学歴や資格がなかったとしても、やる気さえあれば今から始めても間に合うという事です。

後で詳しく説明しますが、遅い人でも約1年くらいあればプロの日本語教師としてスタートを切る事ができます。

また、もっと大きなマクロな視点で見たときにも、これからまだまだ日本語教師の需要は安定しており、世界中で、特にアジア圏の国々の人々にとって必要とされる仕事だからです。

下のグラフは文化庁が発表している日本語を学習している人口の推移です。これは文化庁が把握している国内の日本語学習者だけの数字なので、海外の学習者も含めると後述するようにもっと多くなります。

日本語学習者数の推移グラフ

平成元年から一貫して右肩上がりで増加しているのが分かると思います。その後、平成23年にガクっと減少してますが、これは東日本大震災の影響で日本との取引が止まったり、来日する観光客が大きく減少したりした影響であり、一時的な要因なので大きなトレンドで見る際には気にする必要はありません。

翌年の平成24年からはまた増加傾向になっており、平成25年は日本国内だけで15万6,843人もの人が日本語を学習しています。

次に海外の日本語学習者の推移を見てみましょう。下のグラフの右側を見て下さい。

日本語学習者数、日本語教師の数、日本語教育実施機関・施設数の推移グラフ

この20年間くらいずーっと右肩上がりで日本語学習者が増加しているのがお分かりいただけると思います。

少し古いデータですので、最新の海外の日本語学習者数は正確には分かりませんが、平成18年度の時点で297万9,820人となっていますので、おそらく現在は300万人を突破しているでしょう。

このように世界に目を向けると私たちの日本という国に関心を持っている人はたくさんいて、日本語を学習する人はまだまだ増加しているという事です。

国別のGDPランキングで考えても、数年前に中国に抜かれたものの、まだ世界3位の経済大国であり、またアニメや食文化・精神文化など独特の世界に誇るべき文化を有しています。

日本で生活しているとあまり実感が無いかもしれませんが、日本という国は世界的にはまだまだ影響力の大きい一流国家として世界中の人から注目され関心を持たれているのです。

さきほどのグラフでもう一つ注目して欲しいのは、日本語学習者の増加とともに日本語教育実施機関と日本語教師の数も増加しています。

日本語を学ぶ人が増えているのですから、それを教える学校などの教育機関や先生が増えるのはある意味当然ですよね。

海外での日本語教師の数には、当然日本人だけではなく、外国人も含んでいます。

つまり、本当の生きた日本語、深い日本文化に対する知識に裏付けされた真の意味での日本語の理解を教える事ができる日本人の日本語教師の数はまだまだ足りていないのです。

はっきり言うと、勤務地となる国にこだわらずとにかく海外で日本語教師として人に教える仕事がしたいという人であれば、どこかに必ず仕事はあるという事です。

特に中国を中心としたアジア圏では日本人の日本語教師の需要は高いです。これからアジアが世界経済の中心となっていく事もあり、最近経済成長が著しいベトナム、ネパール、マレーシア、韓国、台湾、タイなどで日本語学習者が急増しています。

また、海外に行くのはちょっと不安という人も安心して下さい。

国内でも同じように日本語教師の需要は安定しています。海外ほどではないにせよ、まだまだ求人数は多いです。特にアルバイトなどの非正規雇用の求人はたくさんありますので、子育てしながら社会復帰して仕事をしようと思っている女性・主婦や、副収入が欲しい人などには非常におすすめの仕事です。

では、日本語教師になるにはどうすればいいのでしょうか?それをこれから説明します。

↓↓ヒューマンの日本語教師養成講座は「420時間カリキュラム対応」かつ「日本語教育能力検定試験対策」も万全↓↓

どうすれば日本語教師になれるの?3つのルートをご紹介

まず、日本語教師というのは、医者や弁護士のような資格があるわけではなく法律上は誰でも自由に「日本語教師」という名称を名乗り、仕事をする事ができます

ただし、実際にはプロとして日本語教師の仕事をしている人の多くは、資格を持っていたり、大学などで専門的な教育を受けてきた人がほとんどです。

国内で仕事を探して就職活動をする時にも、よほど優れた実績や経験がある人を除いては、現実的には一定の資格・学歴を持っている人が優先的に採用されます。

そこで法律論的な議論は置いといて、現実にプロの日本語教師として働くための方法をこれから説明します。

日本語教師になるためには大きく分けて以下の3つの方法があります。先ほども申し上げましたようにこの条件を満たしていないと日本語教師の仕事ができないというわけではないのですが、文部科学省が日本語教師として必要な最低限の基準としてガイドラインを策定して発表しているものです。

  1. 日本語教師養成講座で420時間の講座を受講する
  2. 日本語教育能力検定試験に合格して資格を取る
  3. 大学や大学院で専門的に日本語教育を学ぶ

まず結論から申し上げると、プロの日本語教師として仕事をしていこうと考えている人であれば1と2の両方を目指す事をおすすめします。

3つ目の大学や大学院で日本語教育を専攻して学ぶというのは、大学において主専攻で45単位以上、または副専攻で26単位以上、大学院の場合は主専攻で24単位以上、副専攻で28単位以上を日本語教育関係の科目で履修する必要があります。

既に大学や大学院でこのような科目を履修したという人以外は、今から再度大学や大学院に通い直す必要があるということになるので、現実的ではありませんよね。

ということでおすすめの方法は1か2です。どちらか1つでも大丈夫なのですが、1と2では身につくスキルが若干異なるために、プロの日本語教師を目指す場合には両方目指しておくのがベストです。

就職活動をする場合にも、フリーランスとして働く場合にも、両方の要件を充していると断然信用が高まり有利になります。

日本語教師養成講座というのは、国内にある様々なスクールや専門学校が開講している講座の事です。

どの学校を選びどの講座を受講するかは自分のライフスタイルに合わせて自由に選べばいいのですが、気をつけて欲しいのは文部科学省が日本語教師になるために420時間の学習が必要とガイドラインで定めており、その要件を満たす講座を選ぶ事が大切です。

日本語教師の講座を開講している学校はたくさんあって、講座の内容も様々なものがあります。

短期間のコースで資格取得を目的としたものや実技を重視したもの、既に仕事をしている現役の日本語教師のためにさらならスキルアップを目指す講座などです。

これから日本語教師を目指すという人であれば、420時間コースを選ぶのがおすすめです。420時間コースの講座であれば理論と実技を効率よくバランスよく学ぶ事ができます。

また、これは学校にもよるのですが、日本語教師養成講座を開講している学校自体が日本語学校を運営しているということもあります。その場合には、そのまま日本語教師として就職しやすいというメリットもあります。

そして、420時間コースを受講しながらきちんと勉強して試験対策をすれば、2つめのルートである検定試験にも合格する事が十分に可能です。

420時間コースのカリキュラムに検定試験対策が盛り込まれている講座があれば一石二鳥でおすすめです。

例えばヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座であれば、420時間カリキュラムに対応していますし、日本語教育能力検定試験対策も万全です。多くの合格者を輩出している実績もありますので個人的には一押しのスクールです。

2つ目のルートである日本語教育能力検定試験に合格するという方法は、独学でも頑張れば不可能ではありません。

日本語教育能力検定試験というのは、民間資格の1つなのですが、これが日本語教師になるために必ず取得しておきたい唯一の資格となっています。

日本語教師養成講座を受講せずに、独学で日本語教育能力検定試験に合格すると費用は大幅に安く抑えられるのですが、どうしても知識偏重になってしまいますし、実際に生徒を前にして授業をするという実技の部分が苦手になってしまいます。

その点で、420時間コースの日本語教師養成講座を受講して、知識と実技のスキルをバランスよく学びながら、検定試験にも合格するというのがプロの日本語教師に必要な能力全体をカバーできるという意味でおすすめですし、採用する学校側としても安心して採用する事ができるでしょう。

したがって、少しお金が必要になりますが、日本語教師になるための一番おすすめの方法は420時間コースに対応していて、かつ日本語教育能力検定試験対策も万全の日本語教師養成講座を受講する事です。

この方法であれば、文部科学省がガイドラインで定めている3つ方法の2つを充すことになるので、自信にもなりますし、何より就職活動の際に圧倒的に有利になります。

420時間カリキュラムに対応した講座を受講し、日本語教育能力検定にも合格するという2つのハードルを越えるのに、目安としては半年から一年間くらいです。

スクールや講座によって、毎日開講して短期間で終わるもの、社会人が働きながらでも通いやすいように土日だけ開講して一年くらいかけて修了するものなど、様々なものがあります。

自分の今のライフスタイルに合った無理のない講座を選べば遅くとも一年後くらいにはプロの日本語教師として新たなスタートを切ることができるでしょう。

↓↓ヒューマンの日本語教師養成講座は「420時間カリキュラム対応」かつ「日本語教育能力検定試験対策」も万全↓↓

人に教えるのが好きという人にとって日本語教師が魅力的な仕事だという事が少しは分かっていただけたでしょうか?

また本当に真の理解を伴った日本語を教えるためには、言葉の背景にある文化や歴史の理解が必要となるため、日本の文化や外国語などが好きな人にもオススメの仕事です。

やる気さえあれば、誰ででも今すぐに始める事ができます。自分のライフスタイルに合わせて働く事が出来るのも魅力的ですし、老後など将来的にはライフワークの1つとしてボランティアとして人の役に立ち活躍することも楽しいでしょう。

少しでも興味が持てた人はぜひ挑戦してみてください。

【特集】日本語教師の仕事と資格について現役の日本語教師にインタビュー

[人気の記事]

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

資格一覧へ戻る資格の特集記事一覧 > 人に教えるのが好きな人に超おすすめの仕事は日本語教師だ!日本語教育能力検定を取ろう。

女性に人気がある資格・検定ランキング 女性に人気の資格ランキング!

ページの上に戻る