薬剤師は安定を求める人にはおすすめの仕事

薬剤師ってどんな仕事?

将来性(1-5点):

平均年収:530万円

薬剤師といえば、一般的に分かりやすい例で言うと病院のそばにある調剤薬局で働く方々というイメージが最初に出てくると思います。

しかし、実際には様々な場所で薬剤師は活躍していますので、その雇用形態、または薬剤師としてはたらくための資格、そして収入などについて説明します。

就職先としては大きく分けると3つほどの分類になります。

一つ目は製薬会社のラボなどに入って研究部門で働くパターンです。

こちらは日本系の企業、外資系の企業関係なく就職採用もありますので、勤務地もさまざまということになります。

もちろん、転勤もあると考えておいたほうが良いでしょう。

次に地域の薬局への就職です。多くの場合が地元の病院に隣接する形になっています。

こちらは調剤薬局でもさまざまな大きさ、規模がありますので本人の希望や勤務地次第ですが実際に地域に根ざして働きたいということであれば、転居を伴う転勤も可能性が極めて低いのでよいかもしれません。

そして、3つ目がドラッグストアへの就職です。

こちらは基本的には店舗勤務がほとんどになります。

企業によっても異なりますが、ほぼ居住地を移すような転勤はないものと考えてもよいでしょう。

次にこうした大きく3つにわかれた薬剤師の仕事の給与面です。

薬剤師の仕事は大学を卒業した際の初任給として考えた場合には通常のサラリーマンよりもかなり高いベースになります。

しかし、残念ことにその年収の上限が製薬会社で勤務していない限りはそれほど高くないということも知られています。

ただし、日本全国どこに行っても、仕事はありますのである意味では恵まれているといえるのかもしれません。

特に女性の場合は結婚・出産などで住む場所が変わる可能性が高いのですが、薬局やドラッグストアはどの地域にも必ずありますので、どこに行っても安定した雇用が見込めるのでおすすめです。

あとは価値観の問題となるでしょう。

ドラッグストアなどでの薬剤師の役割は本当にお客様とダイレクトに接するものになります。

限られた分野だけではなく、幅広いお付き合いとなりますので、その分勤務時間は長くなります。

場合によっては勤務時間外のプライベートな時間に関しても多少の付き合いをせざるを得ない場合もあるでしょう。

安定した雇用や収入を望むサラリーマン志向の強い人に薬剤師の仕事は向いているでしょう。

勤務年数や経験を積めば昇任、昇格し年収も着実に上がっていきます。

薬剤師はどうすればなれるの?

薬剤師になるためには資格が必ず必要となります。

こちらは大学の薬学部を卒業して、薬剤師試験に合格することで薬剤師という国家資格を取得することができます。

大学では薬学部で勉強をして国家資格を取得するパターンが一般的です。

医学部ほどではありませんが薬学部に関しても非常にその教育費用は高いとされており、文系の学部はもちろん、通常の理系の学部よりも資格を取得するまでの費用は高くなります。

ただ、医師とは異なりインターンのような期間がなく、すぐに仕事を始められることを考えれば多少は気が楽かもしれません。

薬剤師の仕事に関連する資格と検定

薬剤師は大学の薬学部を卒業し薬剤師試験に合格する必要があるため少し長い道のりになりますが、その分資格取得後は安定した雇用と収入が見込めます。

どこの地域に行っても転職などもしやすいので女性にはオススメの職業です。他にも同じジャンルの医療系の仕事もおすすめです。

薬剤師についてのコメント

薬剤師の職業について詳しい人、仕事の経験がある人からの経験談等を募集しています。

薬剤師に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

薬剤師の仕事に関連する集記事一覧

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る