歯科衛生士は国家資格が必要だけど安定した職業

歯科衛生士ってどんな仕事?

将来性(1-5点):

平均年収:335万円

歯科衛生士という職業は、国家資格が必要な職種の一つです。

歯科衛生士の主な就職先は、個人歯科医院が圧倒的に多いですが、歯科材料を扱う大手企業から市役所や保健所と、就職場所には様々な選択肢を得ることが可能です。

個人歯科医院に就職した歯科衛生士の主な業務内容は、歯科医師のアシスタントや歯形取り歯のクリーニングなどの歯科衛生士業務が主になります。

歯科医院には歯科助手といった、姿形は歯科衛生士に似た方がいますが、歯科助手は国家資格を有してないことから、口の中を触る仕事には就くとこはできません。

また、歯科材料を扱う大手企業に勤めている歯科衛生士の仕事は、歯ブラシや歯磨き粉などの開発への取り組み、歯科医院への営業、セミナーの会場設置や説明などが仕事としてあげられます。

大手企業への就職した場合は、歯科衛生士の技術を生かした仕事をするということはなく、知識をフル活用した仕事ができるため、知識欲の高い方にはお勧めの職場の一つといえます。

市役所や保健所に勤めた場合は、学校検診の補助、休日診療の補助などがあり、公務員として働くことができるため、歯科衛生士の就職先として人気がある場所になります。

しかし、技術知識がなければ担当する先生の対応やアシスタントが難しくなります。

休日診療や学校検診に来る歯科医師は地域担当制になっているところが多く、毎週先生が違うということもあるからです。

その先生ごとに対応が出来なければ仕事をすることは難しいため、ある年数個人歯科医院で知識と経験をつけ、柔軟に対応できる歯科衛生士が、市役所や保健所では求められることが多いです。

そのため、新卒での採用はなかなか無いのが現状です。

歯科衛生士には、多くの知識と技術、そして患者さんのことを思う気持ちが要求されるお仕事です。

患者さんは、不安な気持ちを抱えていたり、痛みや苦痛を伴い来院する方も多くいらっしゃいます。

そのため、歯科衛生士の一言に気持ちが軽くなり救われる方も多くいるのも事実です。

医療関係のお仕事で、患者さんのありがとうの一言を、もっとも身近に聞くことができる職種の一つとして、歯科衛生士はとてもやりがいがある仕事の一つだと思います。

歯科衛生士はどうすればなれるの?

歯科衛生士の資格を取るためには、歯科衛生士の受験資格を得られる大学又は専門学校に通い、専門的な知識と技術を学ぶ必要があります。

指定学校を卒業した後に国家試験に合格することで歯科衛生士になることができます。

大学で受検資格を得る場合は専門学校を卒業した場合と比べて、歯科衛生士の資格以外に大学卒業資格を得ることもできるため、大手企業に専門学校卒と比べ就職率がいいと言われています。

歯科衛生士の仕事に関連する資格と検定

歯科衛生士に関連する資格として以下ものがあります。

歯科衛生士についてのコメント

歯科衛生士の職業について詳しい人、仕事の経験がある人からの経験談等を募集しています。

歯科衛生士に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

歯科衛生士おすすめのテキスト・問題集

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る