テープ起こしは在宅ワーク(内職)に最適な職業

テープ起こしってどんな仕事?

将来性(1-5点):

平均年収:315万円

テープ起こしというのは、ICレコーダーなどに録音されている音声をパソコンで文字起こしする専門家です。

かつてはカセットテープに録音されることが多かったために、テープ起こしという言葉が使われていますが、今はほとんど100%に近い確率でICレコーダーが利用されています。

テープ起こしは、企業の中で作業する場合もありますが、多くは外注化される作業のため在宅ワークとなることが多いです。

主婦などが、あきじかんを利用して内職として行うことが多く、クラウドソーシングでもよく仕事の依頼が出ています。

録音されている内容は様々で、インタビューや会社の会議録など、特定の専門知識が無いと文字起こしするのが難しい場合があります。

テープ起こしの仕事の報酬としては、1件あたりいくらと設定されることが多く、仕事の速さでかせげる効率が変わってきます。

初心者の場合には時給換算で500円くらいになることもあり、慣れてきて上級者になってくると時給換算で1000円、場合によっては2000円を超えることもあります。

技術的な内容や特定の専門分野に関する内容が録音されている場合には、単価が高くなる傾向があります。

その分野に精通している場合には、出てくる専門用語などにも対応できるので、かなり早いスピードで文字起こしをすることが可能となり高い時給が望めます。

あるていど習熟してきて、コンスタントに仕事を受注できるようになれば、在宅ワークでも年収300万円以上得ることができます。

テープ起こしは、発注されている仕事も多く、安定した収入が望める仕事ですが、将来性に少し不安があります。

コンピュータの音声を聞き取る能力が向上しており、最近ではかなり高い精度で音声を文字に起こすソフトが誕生してきています。

今後、そのような音声認識ソフトの性能が向上すれば、テープ起こしという仕事はかなり減少することとなるでしょう。

そうなると、テープ起こしという職業は成り立たなくなり、いずれは消滅する可能性があります。

もしテープ起こしの仕事を職業にしようとするのであれば、音声認識ソフトの技術の進化に注目しておく必要があるでしょう。

テープ起こしはどうすればなれるの?

テープ起こしを職業とするのに特に資格などは必要ありません

誰でも、パソコンさえあれば、いつでも始めることができます。

仕事もクラウドソーシングなどで、探しやすくなっているので、昔のように仕事を取ってくるというのに苦労することは無いでしょう。

最初は、時給換算での報酬が安くなるのは覚悟して練習を積んで、スキルを上げていきましょう。

タイピングするスピードや文字起こしのコツが掴めてくると、どんどん文字起こしのスピードが上がってきて、時給換算での報酬が上昇していきます。

自分がやった分だけ報酬に反映されるので、やりがいのある仕事です。

テープ起こしを職業にするためには、最低限のパソコンスキルを身につけることと、文字入力(タイピング)のスピードを上げることが必須となります。

e

テープ起こしの仕事に関連する資格と検定

テープ起こしの仕事で稼ぐためには、とにかくタイピングのスピードを上げる事です。

パソコンのタイピングに関する資格が役に立つでしょう。

テープ起こしについてのコメント

テープ起こしの職業について詳しい人、仕事の経験がある人からの経験談等を募集しています。

テープ起こしに興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る