廃棄物処理施設技術管理者の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キングcom

廃棄物処理施設技術管理者について

廃棄物処理施設技術管理者とは、廃棄物処理施設などに関する知識などを有するかどうかを試すための資格試験で、国家資格とされています。

ひと口に廃棄物といっても、家庭から排出される一般ゴミから産業廃棄物まで種類はさまざまのものがあります。

廃棄物問題が深刻化するなか、廃棄物処理施設はますます重要な役割を担うことになってきており、廃棄物処理施設管理技術者の役割も増しております。

この施設が適正に維持管理されるように監督する技術管理者の職責は大きい。

【資格取得方法】

1、廃棄物処理施設技術管理者講習【管理課程】(4日間)を修了する。

2、1の受講資格に該当する経験年数が不足している場合は、廃棄物処理施設技術管理者講習【基礎・管理課程】(10日間)を修了する。

3、1・2とも修了すると、(財)日本環境衛生センターが認定する「技術管理士」の資格を取得し、技術管理者となることができる。

廃棄物処理施設技術管理者の概要

【廃棄物処理施設技術管理者概要】

受験資格

以下のような受験制限があります。

〜基礎・管理課程〜

20歳以上であれば、誰でも受講できる。

〜管理課程〜

廃棄物処理に関する技術上の実務に従事した経験が、学歴および保持する資格により0〜10年以上必要

試験内容

次の6つのコースに分かれており、講習に全日程出席し、最終日に行われる筆記試験による能力認定試験に合格すると認定証が交付される。

試験科目

1、ごみ処理施設コース
2、し尿・汚泥再生処理施設コース
3、破砕・リサイクル施設コース
4、産業廃棄物中間処理施設コース
5、産業廃棄物焼却施設コース
6、最終処分場コース

※上記課程修了者を対象として、ダイオキシン、有害化学物質の管理・対策にテーマをしぼり、より専門的な知識・技術の習得を目的とした【専攻課程】(5日間)が実施されている。詳細は日本環境衛生センターに問い合わせる。

申込み期間

随時(開催日の14日前まで)

試験日

通年に随時実施されています。

受験料

基礎・管理課程:115,500円

管理課程:63,000円

専攻課程:98,000円

参照:財団法人環境衛生センター

廃棄物処理施設技術管理者についてのコメント

廃棄物処理施設技術管理者について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

廃棄物処理施設技術管理者に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

1件

HN(ハンドルネーム):イイヤマ | 2018年10月20日13:18:57

講習で取れる試験です。終了試験の合格ラインが80%とありますが、実際にはかなり低めの設定と思われます(裏で点数の操作してる?) 講習に参加さえしていれば免状をもらえます。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る