現場監督になるためには資格が必要

現場監督ってどんな仕事?

将来性(1-5点):

平均年収:500万円

現場監督の仕事は、建設現場や土木工事の現場でたくさんの職人を統括して施工を進めることです。

一般に現地、現場の仕事というのは、施工管理者、又は現場監督の指示に従って行いますが、基本となるのは現場に基づいた設計が基本になります。

現場監督の一番大事なことは基本設計に基づいて仕事をすすめることが第一番であり、その他には、作業の進捗状況や作業員の出欠、人員のやりくり、其れに書類や報告書の作成や上司への報告、更には現場の他の業種との調整や話し合い、其れに、特には顧客との折衝などもおこないます。

工事現場の監督というのは、此のようにかなりハードな仕事と言えますが、いちばん大事なのは正確な仕事の把握と人間同士の調整能力が非常に大事な重要ポストともいえるようです。

建設現場は危険な作業を伴うこともあって、現場には必ず施工管理関係の責任者が一人以上いなければ認可が受けられないという規則があります。

施工管理や現場監督というのは、一般には土木や建設関係の仕事において、其々の分野において業種が異なり、それに伴って専門の業者が担うことになります。

そして其々の専門分野において工事を管理、監査するための施工管理の技術的な責任者が必要になります。 

つまり、建設工事現場で各種施工を行う場合は、其々に必要な施工管理資格を有する者が、責任的立場に立って工事を遂行しなければなりません。

これらの施工を管理、監督する人を施工管理技士といい、国家資格を有することも必要になってきます。(建築施工管理技士土木施工管理技士) 

勿論、国家試験に合格した人が有利に工事管理者となることが出来ますし、国家資格である施工管理技士には、一般には其々の分野で一級と二級の資格免許があり、事業者は専門の国家資格を有している社員がいる方が有利に働きます。

特に公共事業工事や大規模建物のビル建築の受注や認可を受ける場合は、元請や下請けによって異なりますが、概ね資格を有する社員、又は管理社員がいる方が断然有利に働きます。

給与面においても現場監督という特殊な業務の他に、有資格者ということもあって規準の給与の他に多くの手当がついて、一般の建設作業員よりは高額の賃金を得ることができます

月々の給与以外にも残業手当、特別手当、退職手当などにも影響のあることが多いです。

日本はかつては建設業や土木業が盛んでしたが、既に成熟した社会に入っており、これからの少子高齢化・経済の停滞という将来を考えると建設・土木業界の整調性はあまり無いでしょう。

また、IT技術の進化によるロボットの普及などによって雇用も減少傾向になっていくと思われますので、これからは伸びていく業界では無いということは認識しておく必要があります。

残業なども非常に多くて労働時間が多いため体力的にも精神的にもきついこともありますので心身ともに健康なことも条件となります。

現場監督はどうすればなれるの?

現場監督は、様々な職人さんを統括しなければなりませんので、建設や土木に関する幅広い知識と技術が必要になります。

また、建設業や土木業に関する資格もたくさん持っている方が役立ちます。

できれば、施工管理技士の1級の資格を取得しておきたいので、土木科や建築科のある高校や大学を卒業すると良いでしょう。

建設土木系の国家資格は、一定の学歴や実務経験が無いと受験できないものが多いので、一定の学歴が無いと資格を取るのが難しくなるので、現場監督になるのに時間がかかってしまいます。

現場監督の仕事をしようと思うのであれば、高校・大学できちんと専門的な勉強をしておきましょう。

現場監督の仕事に関連する資格と検定

現場監督になるためには就職するまでの学生時代の間にたくさんの資格を取っておくと有利になります。

現場監督についてのコメント

現場監督の職業について詳しい人、仕事の経験がある人からの経験談等を募集しています。

現場監督に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る