不動産屋の仕事をするなら宅地建物取引士を目指そう!

宅地建物取引士ってどんな仕事?

将来性(1-5点):

平均年収:380万円

宅地建物取引士は、いわゆる宅建と呼ばれるもので不動産における契約時に行う重要事項説明というのを行う事が出来ます。

売買の場合、物件を申し込みをして契約までの間に重要事項説明を行います。

賃貸の場合では、借りる部屋が決まり申し込み、貸主や保証会社の審査の後に契約日に行うケースが多いです。

不動産を扱う上では必ず使う重要事項説明が行えます。

重要事項説明は、これから契約をする借主、買主に対して行うもので、物件がどのようなもので、どのような場所にあり、どのような法律の下で物件が置かれているかを説明します。

説明量は売買と賃貸では異なりますが、賃貸の方が量は半分以下です。

売買のほうが金銭的に動く金額が膨大なので重要事項説明書の量は多いです。

基本的には法律の事がメインですが、借主、買主に物件を知ってもらうために行うものです。

宅地建物取引士になると多くの会社で資格手当として給与に追加で上乗せされます。

会社によって異なりますが、約3万円ほど上乗せされます。

さらに名刺に宅地建物取引士という肩書きがつくので、箔が付きます。

物件を紹介する時にもお客さんに対して説得力が増すので、不動産業界で働くのなら取得するべき資格です。

宅地建物取引士になる為には、法律の事をある程度理解する必要があります。

宅地建物取引士はどうすればなれるの?

宅地建物取引士と名乗って仕事をするためには、毎年10月に実施されている宅地建物取引士試験という国家試験に合格しなければなりません。

50問全て4択でマークシートですが、合格難易度は毎年低く、安全圏は年の平均点によって異なりますが、約6割ほどです。

不動産に従事している場合では、50問中5点を免除してくれる講習があります。

5点免除は、宅地建物取引士の試験では大きなアドバンテージになります。

宅地建物取引士を受ける場合は、不動産に従事してから取得するのもオススメです。

内容も法律の事が多く、勉強は暗記がメインになります。テストはひっかけ問題も多く四択だからと言って油断は禁物です。

テストを受ける時の方として消去法を使って問題を解く事が肝要です。実際に理解して解ければ良いのですが、出題範囲も広いので、どうしても勉強幅が分散してしまいます。

なので山を張って勉強することも一つのポイントです。

国家資格として毎年の合格率は20パーセント弱と低い宅地建物取引士ですが、合格すると不動産に従事するのであれば必要な資格です。

逆に言えば宅地建物取引士の資格を持っていればどんな不動産屋であれ引く手数多です。

給与も資格を持っているだけで取りたい資格の一つです。

宅地建物取引士の仕事に関連する資格と検定

宅地建物取引士試験では民法が出題されるため、法律系資格の入門資格としての位置づけもあって、合格後にさらなる難関法律資格を目指す人も少なくありません。

また、不動産系の別の資格を目指すのも良いでしょう。

宅地建物取引士についてのコメント

宅地建物取引士の職業について詳しい人、仕事の経験がある人からの経験談等を募集しています。

宅地建物取引士に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

0件

コメントはまだありません。皆様からのコメントをお待ちしております。

宅地建物取引士おすすめのスクール

宅地建物取引士に合格するためのおすすめの資格スクールを紹介しています。

宅地建物取引主任者(宅建)試験おすすめの予備校!

ユーキャン資料請求

ユーキャン

テレビのCMや雑誌でよく見ると思いますが、資格取得のための通信講座を他のスクールより低料金で提供しています。

宅建講座でも多くの合格者数が出てきています。通信講座なので自宅など空き時間に勉強ができますので、時間が無くて忙しい人におすすめです。

資料請求はこちら

宅地建物取引士の仕事に関連する集記事一覧

不動産業界は好不況の影響を受けやすい業界ですが、いつの時代でも一定量の不動産取引は必ずあるので資格さえ持っていれば比較的安定した職業となります。

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る