数学検定(数検)の解説!合格者、合格点などのデータも掲載。資格キング

数学検定(実用数学技能検定)について

次回の試験日は《2018年4月15日 (確定)》です。残り121日です。

数学検定(実用数学技能検定)のイメージ画像

数学はこれからの時代で最も重要になってくる学問です。

数学検定(数検)とは、正式名称は実用数学検定試験です。数学に関する能力・スキルをどの程度有するかを試す試験で公的資格の1つです。

数検の勉強をすることによって、数学の実社会での実用的技能を向上させ、論理性や分析力、洞察力を磨くことができ、ビジネスなどあらゆる分野で必ず役に立つことでしょう。

学校の選択授業、生涯学習の指標、文系学生の数理能力の証明、就職・転職時の活用など、進学やビジネスにも有利になります。

今、司法試験を筆頭に法律系の資格公務員試験などあらゆる文系資格の受験生が激減しています。

これは時代の流れであって一時的なものではありません。むしろ、まだまだこれからその流れは加速していくと思います。

特集記事「世界の長者番付けからわかる。今、稼げる資格はこれだ!」でも検討したように、億万長者になっている人や伸びている企業というのはほぼ例外なくIT、医療など理系の専門的知識が必要とされる仕事です。

科学技術が急速に進歩している現代において、最も基本的で必要になる科目が算数であり数学です。

算数、数学の勉強をすることは、あらゆる全ての人にとって有益です。

この数学検定に合格したからといって、直ちに就職や転職で有利になるわけではありませんが、学んだ事はあらゆる場面で役立つので、全ての人におすすめです。

数学検定は、小学校入学前くらいのレベルから大学生レベルまで幅広くレベル分けされて実施されているので、どんな人もで受験する事ができます。

特に、文系出身で数学に自信が無い学生や社会人の人、小学生などの子供におすすめしたい検定試験です。親と子供が一緒になって勉強するのも楽しいものです。

なお、数検の成績優秀者には文部科学大臣奨励賞、数検グランプリ金賞が授与されます。

数学検定(実用数学技能検定)の概要

【数学検定(実用数学技能検定)概要】

受験資格

受験資格は特にありません。

誰でも受験することができます。

試験内容

1次の計算技能検定(各級60分)と2次の数理技能検定(8〜3級60分、準2〜1級120分)が同日に実施されます。

8級:整数や小数の四則演算、面積の計算など。

7級:基本図形、体積の計算、百分率など。

6級:分数計算、比例反比例、資料の整理など。

5級:正負の数、一次方程式、平面図形など。

4級:連立方程式、三角形四角形の性質など。

3級:平方根、二次方程式、円、相似比など(一般事務)。

準2級:二次関数、三角比、数列の基礎など(管理者)。

2級:関数、円の方程式、微分係数と導関数(経営者)。

準1級:行列の基礎、微分・積分の基礎、曲線など(研究員)。

1級:線形代数、微分積分、確率・統計など(専門研究員)。

※合格基準は1次が問題の70%程度、2次が問題の60%程度である。

申込み期間

例年、以下の期間に受付されています。

5月中旬〜6月下旬と9月上旬〜10月上旬の年2回。

試験日

例年、以下の期日に実施されています。

夏:7月中旬〜8月上旬

冬:11月上旬

試験地

全国の県庁所在地を目安に最低各1箇所は実施されます。

受験料

ゴールドスター・シルバースター:各1,500円

10〜11級:各1,500円

8〜6級:各2,000円

5・4級:各2,500円

3級:3,000円

準2級:3,500円

2級:4,000円

準1級:4,500円

1級:5,000円(各税込)

問合せ先

公益財団法人日本数学検定協会
〒110-0005 東京都台東区上野5-1-1 文昌堂ビル6階
TEL:03(5812)8340

参照:公益財団法人日本数学検定協会

数学検定(実用数学技能検定)についてのコメント

数学検定(実用数学技能検定)について詳しい人や何か知っている人からのコメント(体験談等)を募集しています。

数学検定(実用数学技能検定)に興味がある人に役立ちますので、知っていることがあれば何でも大丈夫ですので、ぜひコメントをお願い致します。

4件

HN(ハンドルネーム):あき | 2017年9月13日2:33:33

私が数学検定を受けようと思ったのは2つの理由がありました。1つは大学入試を考えていたこと。2つ目は個人的に数学が好きだったので自分の実力を確かめたいと思ったことです。私自身がこの数学検定を受けて合格することで自分の数学の力がついた証明みたいなものが欲しかった気持ちがありました。数学検定は高校のレベルの内容があり、対策としては過去問と高校の教材である4STEPを併用して使っていました。過去問対策ではネットに載っているのを使用したり、本屋で過去3回分までの解説付きのものを購入して勉強しました。過去問を解いて似たような問題でもう少し解いておきたいのを4STEPを使って対策しました。初めに受けた時はぎりぎりで落ちてしまっていたので、試験は2回目で合格しました。そのため、取るまでには半年以上かかったと思います。実際にそれが大学入試では役に立っていないので結局自分がここまでできるという証明の自己満足で終わってしまいました。ですが、自分が目標にしていた資格を取れたことは1つの自信につながりましたし、1度落ちてもあきらめなかったことが1つの自分の成長につながっていったと感じています。失敗してもその失敗理由から次の対策を立てたことで目標達成に近づくことが実感できました。

HN(ハンドルネーム):ESHI | 2017年6月15日13:16:57

数学検定は、日本数学検定協会が実施している公的資格の試験です。正式名称を「実用数学技能検定」といいます。
数学検定は5級から1級まであり、それぞれ1次試験と2次試験があります。他の検定とは異なり、数学検定は1次試験と2次試験は同じ日の同じ時間に連続して実施され、同時に両方合格することは勿論、「1次試験のみ」「2次試験のみ」の合格も可能です。一度どちらかの試験に合格すれば、その資格は有効期限が無く、永久に保持することが出来ます。名前は「1次試験」「2次試験」となっていますが、出題する範囲を意味しているといっていいでしょう。「1次試験は計算技能」「2次試験は数理技能」が範囲となっています。
数学検定は最近では理系の進学や就職に有利と言われており、高校3年生程度の内容である準1級に挑戦することにしました。
書店に行けば、数学検定の問題集や参考書は数多く出版されていますが、自分は日本数学検定協会が監修している過去問題集を繰り返し解くことにしました。1次試験は全問題を解く必要があるため、不得意分野を作らないことに注力して勉強しました。一方、2次試験は問題を選択して解くため、自分が得意な分野をより伸ばすことに注力して勉強を行いました。
対策をたてて勉強したこともあり、初挑戦で両方の試験を合格することが出来ました。就職の履歴書にも資格として記載しています。

HN(ハンドルネーム):そら | 2017年9月24日20:54:34

数学は(小学生の算数の頃から)苦手な教科でした。高校は、かろうじて地元の進学校に滑り込みセーフで合格させて貰えました。しかし、高校合格後は、化学などの教科も始まり、理数系等の教科は、赤点ばかり取っていました。けれど、幸いなことに、一時ですが、京都大学出身の数学科の先生が高校二年生の時に、授業中、問題が分からない私にテキパキとその問題の解法解説をして下さったお陰で、なんと、その問題の問うていたことが私にも理解出来き、正解を導き出すことが出来たのです。嬉しくって、自分が、信じられないほど、一瞬の事でした。そんな数学に纏わる良い思い出と、持病と金銭的問題、家庭の事情等もあって、数学検定をいつか受けてみたい!!という思いは、あるのです。…がr

HN(ハンドルネーム):ゆうか | 2017年9月19日2:06:39

 塾講師のアルバイトをしていた頃の話です。得意な科目とのことで英語と数学を担当していたのですが、ある日「自分は英語の教員免許は持ってるが、数学の資格はない」ということに気付きました。何か数学の資格を…との思いで数学検定を受けることにしました。目標は高2レベルの2級。高校では文系だったので、高2の内容はやっていないも同然でした。
 まずは「シグマベスト わかる数学ⅡB」で基礎知識を定着させ、それから「数学検定2級対策問題集」で実践トレーニングをしました。どちらの本もできなかった問題にチェック入れつつ、3周くらい解いたと思います。半年ほどの勉強で、無事合格することができました。独学だったので、費用は参考書代くらい?あ、どうしてもわからない問題は、同僚の講師に聞いたりもしました(笑)。
 未知の内容を独力で勉強したことで、コツコツ地道な作業に取り組むことが、苦ではなくなりました。生徒の気持ちにも近づけた気がするので、勉強してよかったと思います。時給もちょっぴりですが、upしてもらえましたし。あと、日常生活や仕事の中に、意外と数学的感覚って潜んでいると思います。コスト感覚とか、作業時間とスピードの関係とか、もちろん普段の買い物とか。数学のそんな面白さにも、最近少し気が付きました。

このページを見ている人はこんなページも見ています。

数学検定(実用数学技能検定)おすすめのテキスト・問題集

数学検定(実用数学技能検定)に合格するために役に立つおすすめのテキストや問題集を紹介しています。

  1. 受かる!数学検定3級
  2. 実用数学技能検定過去問題集 数学検定5級
  3. 実用数学技能検定過去問題集 算数検定10級

あなたにぴったりの資格や講座を無料診断

質問に答えるだけであなたにぴったりの資格や講座を診断

自分の将来が不安で迷っている人。

何か資格を取ろうと思っているけど、どれを取ればいいのか分からない人。

簡単な質問に答えるだけで、自分の性格にぴったり合う資格や講座を無料診断できます。

今すぐ無料診断で自分にぴったりの資格を見つけましょう!

ページの上に戻る